睡眠負債にならないために。グレイスロイヤルのナチュラルテイスト賃貸はいかがですか?


これからの季節は、気温と湿度が急激に上がってくるので、特に夜寝る時「熟睡」することが難しくなってきます。


寝苦しい日々が続くと、寝不足の状態のまま仕事に行かなければならないので、最高のコンディションとは言えません。このような状態が続けば、当然身体的には不調を引き起こしてしまう可能性が高くなり、このことを睡眠負債と言いますが、実は最新(令和元年)の厚生労働省「国民健康・栄養調査」によると、20才以上の平均睡眠時間は、6時間未満が約4割いることがわかり、また同調査で「睡眠全体の質に満足できなかった」と回答した方は、約3割いることがわかりました。



3人に1人は、満足できる睡眠はしていないとのこと

梅雨時~9月末ごろまでは、昼夜問わず「エアコン」を使用しなければ生活すること自体が難しくなるので、夜寝る時に「エアコン」を使用されている方は多いと思われます。


ただエアコンの設定温度=快適さに関しては「個人差」があることから、特にご夫婦で同じ寝室で寝られる場合、エアコン設定温度に関しては、恐らくご夫婦でも「快適な温度」に差異が生じることから、どちらかが折れなければ収拾がつかなくなってしまいます。


またエアコンを常時つけっぱなしにすると、体が冷えてしまい熟睡できない方にとっては、タイマー設定をされると思われますが、ただタイマーが終わった後、気温と湿度は急激に上昇してしまうので、明け方頃に「暑すぎて起きてしまう可能性」が出てくることから、タイマーにしても結局のところ、良い睡眠をとることは難しくなってしまいます。




山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルでは、調湿効果が期待できる漆喰を施工しています

快適な睡眠をとるためには、室内の温度は16~26℃程度、湿度は50%前後と言われています。熱中症のリスクが高まるのは、気温29度以上からとなるため、エアコンの風が苦手な方は27~28℃に保てはベストではありますが、ただ通常のエアコン使用で、冷房28℃設定は、湿度を感じてしまうことから、結局のところ、冷房設定温度を低くしなければなりませんよね。





甲府市大里町にあるグレイスロイヤルのリノベーション部屋においては、自然素材の漆喰が施工されていますが、漆喰は室内の湿度を吸湿してくれることから、冷房を付けていない状態であっても、ジメジメ感はあまり感じられなくなるので、冷房設定温度を27度前後とされても、暑苦しさは感じられなくなります。(個人差はありますのでご了承ください)


実際に当物件の漆喰を用いたリノベーション部屋にご入居されているお客様に、夏場における睡眠について聞いたところ『エアコンの設定温度を低くしなくても快適に寝ることができた』『(冷房の風が苦手で)扇風機だけで寝ていますが、暑苦しさはほとんど感じられない』といった、ある意味においては驚くような感想を言っていただきました。


つまり、漆喰を室内に施工しているおかげで、一定の湿度コントロールができていることから、エアコンに頼らない生活をすることが可能となったことから、エアコン電気料金の節約も夢ではないことが証明されます。


お部屋探しの際、参考になれば幸いです。





閲覧数:4回0件のコメント