秋の花粉症対策に。自然素材の漆喰なら、室内の花粉飛散を抑えます。


こんにちは。


秋の花粉症飛散のシーズンが来てしまいました。

今週から比較的晴れる時期が多くなることから、秋花粉の飛散が本格的に始まるとの事ですが、秋花粉に悩まされている方は、しっかりと対策はできていますか?


秋花粉の症状は、春の花粉シーズンの症状とは少しだけ異なり「のどから気管」にかけて症状が出やすいとの事。この時期だけ「のどから気管」にかけて不調が出てしまう方は、もしかしたら「花粉症」の症状かもしれませんので、医療機関でしっかり受診されたほうがいいと思いますが、ただ服などに付着した花粉などは、自宅に入る前にしっかり落とさないと、花粉が室内に簡単に侵入してしまいますので、室内でも花粉症に悩まされることになります。





現在、リノベーション工事中のS205号室のLDK・和室・洋室の全ての壁には、自然素材の漆喰が施工されていますが、漆喰は帯電効果(静電気が発生しない)があり、漆喰壁に花粉が付着しづらいことから、花粉の飛散を防ぐことが可能となります。つまり漆喰部屋ならば、花粉症の症状が出にくくなるので、今までの部屋と比べて、明らかに住みやすくなることは間違いありません。


また、漆喰の効果は「半永久的」に続くので、ランニングコストは一切かからないので、空気清浄機をわざわざ購入しなくても大丈夫なので、経済的。



春&秋の花粉症に悩まされている方は、ぜひS205号室に入居してみてはいかがですか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#花粉症 #漆喰 #リノベーション