築年数が浅くても、条件が揃えばゴキブリは発生します。


賃貸物件探しをされる人の中で、築年数を気にされる方は、結構多いのではないでしょうか?


築年数が浅いと、設備も比較的新しものが導入されていることから、生活がしやすいといったメリットがあると思いますが、それと同時に「ゴキブリ」が発生しにくいと考えている方は多いと思います。

殆どの方がゴキブリを嫌っています

ゴキブリは、人類にとって恐らく「嫌われ者」の代表格といっても過言ではありません。ゴキラボが調べた所によると、ゴキブリが嫌いと回答した方は、全体の約93%。殆どの人がゴキブリを嫌っていることがわかりますが、では、築年数が浅い物件を選べば、ゴキブリは発生しにくいのでしょうか?



残念ですが、ゴキブリは築年数関係なく、条件さえ揃えば発生してしまうので、築年数が浅いからでないというわけではありません。


ゴキブリは築年数関係なく、条件さえ揃えば発生してしまうので、築年数が浅いからでないというわけではありません。

オウチーノのプレスリリースによると…

ゴキブリの平均遭遇回数は、築1~5年:1.43回、5~10年で1.87回、11~20年で3.23回、21年以上だと4.98回となったとのことです。


ゴキブリに関しては、先程もお話させてもらった通り、条件が揃えば築年数関係なく発生するものですので、日頃からしっかりと対策を講じていれば、発生率を抑えることが可能となります。では、日常生活上におけるゴキブリ対策とは、一体どのようなものがあるのでしょうか?


①入居前には、必ず害虫駆除を行ってもらうこと。

賃貸初期費用の中には「室内害虫駆除サービス」がありますが、これはオプション扱いとなっています。

オプションということは、お客様の意思によって、行わなくてもいいものとなりますが、ゴキブリは「小さい隙間」さえあれば、簡単に侵入してきますので、仮に入居前にご自身で「市販の駆除剤」を散布したとしても、薬剤の効果が薄くなった時、ゴキブリたちは簡単に侵入してくるので、効果は薄いです。


業者依頼をすることによって、ゴキブリが侵入しやすいポイントに「隙間」があった場合には、しっかりと埋めた上で、健康に害が出ない薬剤を散布するので、数か月間はゴキブリが室内に発生することはありません。


②定期的に駆除を行う

ゴキブリは室外から侵入してきます。

意外かもしれませんが、玄関のちょっとした隙間や換気扇やエアコンの室外機から侵入してくることから、100%阻止することは難しいのが現状です。


ただ、日頃からしっかりと駆除対策を行うことによって、ゴキブリたちにとって「住みにくい環境」となることから、ぜひ行ってもらいと思います。具体的には、侵入しやすい玄関に「置き型の駆除剤」を置いたり、最近では「ワンプッシュ」するだけで駆除効果が期待できる駆除剤が、販売されていますので、それらを有効活用することによって、発生率を抑える効果が期待できます。


③ゴキブリを誘発させる環境を作らない

ゴキブリは「優れた嗅覚」をもっていることから、特に夏場の生ごみのニオイが、室内に充満していると、それにつられて室内に侵入してくる可能性が出てきます。


料理の際に発生した「生ごみ」は、ニオイが出ないように「密閉」した上で、蓋つきのごみ箱に入れ、また「段ボールが溜まりっぱなし」になっていると、ゴキブリが卵を産み付けてしまう可能性が出てきます。

ゴキブリは寒さに弱い生き物であることから、普段から段ボールなどをため込まない生活を送るだけでも、結果は全く異なってくると言っても、過言ではありません。




甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、敷地内に「燃えるごみ」「燃えないごみ」両方のごみ置き場があり、しかも24時間ごみ出し可能となっていることから、特にニオイが出やすい夏場においては、好きな時にごみ出しができる点については、メリットが大きいと思います。


お部屋探しの際には、この様な部分においても、しっかりと確認された上で決められたほうがいいですね。





閲覧数:11回0件のコメント