自費で取り付けたエアコンなどの設備は、退去時置いていくことができるの?


賃貸物件においては、基本的に設備は全てオーナーさんが取付ているのが原則で、ご入居者様が勝手に設備を取り付けることは禁止となっています。


例えば、エアコンは基本的にお部屋に1つ設置されているケースが多く、中にはLDKと洋室にそれぞれ1基ずつ設置されている所もありますが、もしエアコンが設置されていない場所に取り付ける場合、オーナーさんに許可をもらい、自費で取り付ける分なら取付は可能ですが、ただし退去する場合には「原状回復」をしなければならないので、取り付けたエアコンは外すことが条件となります。



ただ、お客様の中には「新居ですでにエアコンが設置されているから、自分達で取り付けたエアコンは置いていきたい」と思った時、オーナーさんにお願いすれば置いていくことができるのでしょうか?



正解は…

オーナーさんがOKを出したら「残置物」として置いていくことはできます。ただしエアコンを置いておくことに関して金銭を要求することはできません。


通常エアコンは1台あるのが基本となっているので、もう1台ついていることになると、募集を行う際、入居の決め手(お客様ご自身でエアコンを購入する手間が省ける)になる可能性が高くなるので、よほど古いエアコンでなければ、オーナーさんがNGを出すことはまずないと思ってもらってもいいと思います。



また残置物(ここではエアコン)に関して、新規お客様が古い残置物を利用するより、最新の設備を使いたいからと言って、オーナーさんに事前相談なしに残置物を撤去することはできません。残置物の所有者は完全にオーナーさんに移行しているので、許可なく勝手に処分してしまうと、損害賠償を請求される恐れが出てきます。

 

残置物を利用することになっても、退去後しっかりとクリーニング(エアコンの場合はカバーを外して内部洗浄を行います)をするのでご安心ください。

 


これからの時期、引越しをされる方が多くなりますが、残置物に関しては必ず管理会社に相談し、自分達で勝手に対応することは控えてください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、 ありがとうございます。


#退去 #残置物


閲覧数:6回0件のコメント