若い世代に人気が高い賃貸対面キッチン。ただその一方で不満点も。


近年施工された新築賃貸物件において、キッチンは対面キッチンが設置されているケースが圧倒的に多いです。


賃貸に設置されている対面キッチン。ただ使い勝手がいいといった意見はあまり聞きません。
賃貸に設置されている対面キッチン。ただ使い勝手がいいといった意見はあまり聞きません。

新築賃貸物件において、対面キッチンが設置されている理由としては、やはり「リビング内」の様子を伺いながら料理ができる点。特に子育て中のママさん達は、料理の時間帯は、リビングにお子さんを置いて料理をしなければなりませんが、対面キッチンでは、料理をしている間、常にリビングの様子を伺うことができるので、この点が高い評価をもらっている要因とも言えます。



ただその一方で、対面キッチンを設置することによって、使い勝手が悪くなってしまうといった意見もあります。


不満点①:導線が長くなる

対面キッチンは、カウンター部分の裏側にキッチン本体が設置されていることから、ダインイングに移動する際、どうしても導線が長くなってしまいます

また賃貸の対面キッチンの場合、カウンターの幅が狭いのが特徴なので、机代わりとして使うことは難しくなり、カウンターにちょっとした生活用品などをおいてしまうと、あっという間にカウンター部分が埋まってしまうので、要注意です。


不満点②:夏場はとにかく暑い

対面キッチンは、キッチン空間が孤立している状態となってしまうので、特に夏場はキッチン周りが暑くなってしまい、揚げ物などをしてしまうと正直ぐったりしてしまいます。


不満点③:賃貸の対面キッチン収納はあてにできない

賃貸物件に設置されているキッチンは、LDKの広さが限られていることから、どうしても大きめのキッチンを置くことはできません。ですのでたとえ賃貸物件において対面キッチンが設置されていたとしても、収納スペースに関しては、満足できる容量を確保しているとは言えません。


不満点④:リビング内にニオイがこもりやすくなる

対面キッチンのデメリットとしてよく挙げられますが、キッチンをリビング側に設置している関係で、調理中のニオイがどうしてもリビング内に広まってしまいます。ニオイが出やすいものに関しては、窓を開けて換気を徹底するなど、対策を講じなければニオイが残ってしまう可能性が出てきます。


不満点⑤:LDKが狭くなる

賃貸物件において、対面キッチンが設置されている場合、キッチンスペースは約4帖ぐらいとなっていることから、LDK全体が10畳ぐらいの部屋においては、ダイニング及びリビング空間が狭くなってしまうので、そこに家具などを配置すると、思った以上に室内が狭く感じてしまいます。賃貸で対面キッチンがある部屋に入居する場合には、LDK全体である程度の大きさがある部屋を選ばないと、入居後後悔してしまうかも?



壁付け+対面のいいところをとった使いやすいキッチン

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、築年数が経過していることもあり、2018年からは空き部屋を順次リノベーションを行っています。


キッチン部分も当然リノベーションを行っていますが、当物件では他社リノベーション物件によくみられるような、既製品を導入したキッチンではなく、今まで使用していたキッチンをリメイクしたものとなっていますが、ご入居者様の評判はとてもよく、場合によっては対面キッチンより使いやすくなっているかもしれません。


山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベーション部屋のキッチンは、壁付けキッチンだけど対面キッチンとしても使えるので、使い勝手がとてもいいです。
壁付けキッチンだけど対面キッチンとしても使えるので、使い勝手がとてもいいです。

当物件のリノベーションキッチンは、キッチン本体は以前のものをそのまま使用し、キッチン扉やキッチンパネルは新しく交換し、また使い勝手を良くするために「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を独自に開発・設置することによって、賃貸キッチン特有の悩みを解消しています。


キッチンカウンター上部には、ステンレスを設置していますので、こちらで食材などの下ごしらえをして頂くと、まな板一枚以外にも様々なものを置くことができて、利便性が高まります。またカウンターにはキャスターが設置されているので、例えばお友達などが多数来た場合、カウンターを移動させることも、また机としても使うことができるので、とっても便利。


さらにカウンター内には、収納スペースも充実しているので、今までのキッチン本体に設置されている収納スペースと合わせると、二人暮らしの場合ならば、食器棚を置かなくても十分すぎるのではと思われます。


お部屋探しの際、参考になれば幸いです。



閲覧数:2回0件のコメント