要注意!仲介会社が強くおススメする物件には実はワケがあります。


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



現在ではスマートフォン片手で物件検索をする時代

現在のお部屋探しは、賃貸物件検索ポータルサイトを使って、物件検索をする時代となっています。グレイスロイヤルが賃貸経営を始めた1993年当時は、まだ携帯電話を使って物件検索をする時代ではなく、バリバリのアナログ式(物件情報雑誌が主流)だったので、仲介会社の店舗入り口付近に、多数の賃貸情報が掲載されていました。



殆どの方が、自分が住みたい物件を数件ピックアップして、仲介会社の担当者とともに、実際のお部屋を見学されて、最終的に今まで見てきた物件の中で気に入ったお部屋を契約されると思いますが…


その時に、仲介会社から「自分の希望とは少し違うようなお部屋」をススメてきた経験はありませんか?


自分が住みたい物件とは少し違うようなお部屋を熱心に進める場合・・・

希望しているお部屋の雰囲気とは若干違うような(もしくは希望以外)お部屋を、仲介会社の担当者が、熱心にススメてくる場合、その物件は注意が必要です。


賃貸専用の仲介会社の売上は、契約時にお客様から支払われる「仲介手数料」が、最大の利益になりますが、実は仲介手数料は法律によって上限が定められていて、最大で家賃1か月分しか請求できないことになっております。


一部の仲介会社では、仲介手数料が0.5か月分というところもありますが、多くの仲介会社では仲介手数料を家賃1か月分に設定をしています。


近年不動産賃貸業界は、大都市を除いて「物件供給過多」状態となっていて、競争力が低下した築古物件を中心に「家賃値下げ」合戦が横行となっています。


家賃が下がれば当然、仲介手数料も下がるわけですので、仲介会社の台所事情も悪化することは目に見えてわかりますよね!



空室を1日でも解消させたいと考えている、一部の物件オーナーさんたちは、力がある仲介会社さんにお願いをして「広告料」を払って、優先的に客付けをしてもらえるように、お願いをしています。


仲介手数料は、法律により上限が定められていますが、広告料に関しては、特に法的な制がないので、いくらでも掛けることはできます。


例えば、A物件家賃5万円で成約した場合「広告料・3カ月」の設定では…

成約時にはお客様から仲介手数料最大1カ月+オーナーより広告料3か月分=20万円の収入となります。通常は仲介手数料分しかもらえないので、広告料がたくさんついたお部屋は、チャンスがあればお客さんに積極的にススメていきたいと考えるのが一般的ですが、広告料が沢山付いた物件というのは、正直言って「なかなか成約できない」物件についているケースが多いので、ハズレ物件である場合があります。




余談ですが、当物件では広告料は一切出しておりません

グレイスロイヤルは、築26年目の築古物件ではありますが、広告料は一切つけておりません。


というのも、広告料をたくさんつけたところで、最終的にお部屋を決めるのは「お客様」であり、殆どの方は自分が住みたいお部屋の雰囲気ではないお部屋には、住まない傾向が近年強くなってきています。



お部屋探しをされているときに、仲介会社の担当者が熱心に違う物件をススメてくる場合には、何かがあると思っていただき、そのお部屋が理想のお部屋と全く違う場合は、拒否した方が得策かもしれません。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰



16回の閲覧