賃貸でおしゃれな照明が標準装備といえば、グレイスロイヤル。



賃貸でおしゃれな生活をしたいと思っていても、賃貸には「賃貸借契約」がある関係で、DIY可能物件以外では、なかなかできないのが本音。


賃貸の照明は原則自分達で用意する関係でどうしても限定されてしまいます。
賃貸の照明は原則自分達で用意する関係でどうしても限定されてしまいます。

特に室内をよりおしゃれにさせてくれるアイテムとして、照明があるものの、賃貸物件においては原則「自分達で設置をするのがルール」になっています。

大抵は照明に接続するソケット部分が固定されているので、丸型のシーリングライトを設置するか、工事不要のライティングレールを設置するしか方法はありません。


シーリングライトのメリットは、ひとつ設置するだけ光が広範囲に届くので、明るさが足りないといったことにはなりにくく、また最近ではLED対応のシーリングライトも販売されていることから、消費電力を抑えることができるので、家計に優しい照明と言えます。


ただシーリングライトは「シンプル」なデザインであることから、おしゃれな部屋にしたい方にとっては物足りない照明であることは、間違いありません。





甲府市でおしゃれな賃貸生活を送りたいのであれば、グレイスロイヤルしかないかもしれません。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあり、2018年以降空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、上級グレードの部屋においては、LDKにおしゃれな照明を標準装備としているので、入居初日からおしゃれな生活を満喫することができます。


現在募集中のS101号室は、フルリノベーション済み。

室内には、自然素材の漆喰や無垢材を使用したナチュラルキッチンが標準装備になっていますが、キッチンの魅力をさらに引き立たせるため、ダウンライト4基と賃貸では殆ど導入されていない「ペンダントライト」が設置されているので、まるで「おしゃれなカフェのお店」にいるような生活を送ることができます。

リノベーション前のLDK。よくあるような賃貸の部屋。

リノベーションで生まれ変わった、ナチュラルテイスト部屋
リノベーションで生まれ変わった、ナチュラルテイスト部屋

LDKには、LEDダウンライト照明が4基設置。万が一暗い場合には、シーリングライトなどを取り付けることができます。
LDKには、LEDダウンライト照明が4基設置。万が一暗い場合には、シーリングライトなどを取り付けることが可能

キッチン付近にはおしゃれなペンダントライトを設置。専用フックを購入すれば雑貨などを吊るせます。
キッチン付近にはおしゃれなペンダントライトを設置。専用フックを購入すれば雑貨などを吊るせます。

リノベーション前の部屋は、当然ダウンライトやペンダントライトが設置されていませんでしたので、リノベーション工事中に新規取付を行ったのですが、ただダウンライト設置工事は天井裏に配線をつなげなければならないことから、非常に面倒な工事となってしまい、職人さん泣かせの工事となってしまいます。


(天井に穴をあけますが、粉塵がものすごく出るので、マスクやゴーグルは必須です)


(メジャーを使って、配線を隣の穴につなげています)


「ダウンライト&ペンダントライトを設置」したリノベーション部屋に入居されているお客様に、室内の明るさについて聞いたところ、ダウンライト4基だけでも室内空間は明るく、暗いと感じたことはないとのこと。

お友達をお部屋に招待した時、おしゃれなペンダントライトやダウンライト(おしゃれなキッチンも)が設置されている部屋を見た瞬間「羨ましい」「おしゃれすぎる!」と褒めてくれるとのことです。


山梨で、おしゃれな賃貸生活をおくりたいのであれば、おしゃれすぎるペンダントライト&ダウンライトが標準装備になっている当物件リノベーション部屋に入居するしか方法はありませんね!


閲覧数:0回0件のコメント