賃貸でおしゃれな部屋に住みたい。甲府市大里町にあるグレイスロイヤルS205号室なら、その夢が実現します。

最終更新: 11月17日


こんにちは。

いつも山梨・おしゃれ賃貸アパート、グレイスロイヤルHPをご覧いただきまして、ありがとうございます。



賃貸物件を探している時、おしゃれな部屋に住みたいと考えることは、当たり前のこと。

SUUMO等の不動産賃貸物件検索ポータルサイトを活用して物件検索をしてみると、たしかにおしゃれな部屋は多数あるものの、家賃や初期費用が高かったり、またアクセントクロスと呼ばれるおしゃれな壁紙が貼ってはあるものの、色が強すぎて個性が前面に出ているような部屋もあり、自分が本当に住みたいと思うような部屋には、なかなか行き届かず、どこか妥協しなければならないのかな?と経験された方は多いはずです。


山梨県甲府市大里町にある、グレイスロイヤルは、1993年に建てられた賃貸物件で、業界的には「築古」物件と呼ばれいます。現在1部屋募集をしていますが、室内はホワイトインテリアに統一した清潔感溢れる部屋となっていて、おしゃれなカフェ風キッチンが標準装備になっている事から、料理が大好きな方にとっては、まさに理想的な部屋と言っても過言ではありません。




①おしゃれなカフェ風キッチンが標準装備


おしゃれなキッチンが標準装備
調理台が付いた可動式のキッチンカウンターはとても便利。

キッチンは、オーダーメイド。

キッチン本体は、以前使用していたキッチンをそのまま再利用しているものの、キッチン扉は、家具屋さんにお願いして特別に作ってもらった無垢材扉を取り付け、またキッチンパネルはリノベーションを機に新しいものを取り付けました。


また賃貸のキッチンは、限られた空間の中にキッチンを置かなければならないことから、特に調理スペースは戸建て用のキッチンと比べると、狭めとなっています。


そこで、当物件のキッチンでは、調理・収納スペースを確保した「調理台付可動式キッチンカウンター」を新設して、調理スペースを従来の約2倍の広さを確保しましたので、料理の下ごしらえの際、作業がとてもしやすくなり、こちらのキッチンを導入した部屋のお客様からも、高い評価を頂いております。



②壁には、おしゃれな漆喰を導入


手作業で塗った漆喰壁には温かみを感じられます

賃貸の壁を交換する時は、ほぼ全ての部屋においてクロスと呼ばれる壁紙を採用している所が殆ど。

壁紙を使用すればすぐに貼ることができ、また単価も抑えられることから、退去リフォーム・リノベーションでは壁交換の際には壁紙を採用している所が圧倒的に多いです。


ただその一方で、壁紙は一部の機能性壁紙を除き、調湿効果や消臭効果といった機能性の部分においては、何ら対応してはいません。

今年発生した新型コロナウイルスに関しても、賃貸のお部屋で対応するならば、お客様自身で空気清浄機を購入しなければなりませんが、当物件S205号室においては、LDK・和室・洋室の全ての壁に、自然素材のおしゃれな漆喰が施工されています。



漆喰を施工することにより、調湿効果が期待ができ、室内の乾燥を予防することができることから、新型コロナウイルス対策(飛沫)にも期待ができますし、また小さなお子さんがいるご家庭では、お子さんが壁などに触ってしまうことがあるとは思いますが、壁などにはウイルスや細菌が付着している可能性が高いことから、場合によっては手で感染したことがきっかけで、風邪などを引いてしまう恐れが出てきます。


漆喰には、壁に付着したウイルスや細菌の増殖を抑制が期待できることから、小さなお子さんがいるご家庭にとっては、安心して生活ができますよね。

(ただし全ての菌やウイルスに対応しているとは限りません)



③ホワイトインテリアが魅力的な、南側洋室

ホワイトインテリア空間が魅力的な洋室

白をベースにしたホワイトインテリアが魅力的な、南側洋室。

白と聞くと、一見地味な色と思われますが、実はこちらの部屋の壁にも漆喰が導入していますが、漆喰には自然光を反射させる性質がありますので、皆様が思っている以上に室内空間は明るいです。


また寝室は、寝具などにニオイが付着しやすいことから、生活臭が出やすいと言われていますが、実は漆喰には消臭効果が期待ができ、また室内空気を清浄に保つ効果も期待ができることから、もう寝室が匂って困るといったことはなくなるかもしれませんね。




④和モダン空間がきっと虜になる。おしゃれな和室部屋

おしゃれな和室部屋は若い世代からに人気があります

賃貸で和室部屋と聞くと、古臭いという印象がどうしても出てしまいますが…

S205号室にある和室部屋は、通常の畳ではなく、琉球畳と呼ばれている正方形の畳を採用しています。


琉球畳は、通常の畳ではよくある「縁」がなく、形も正方形になっているのが最大の特徴で、畳の置き方を変えるだけで畳の色が2色に見える市松模様が楽しめますが、実は畳の色は1色しか使用していません。


市松模様とは、繁栄の意味が込められていて、子孫繁栄/事業拡大などの縁起の良い模様として沢山の人に好まれていることから、これから新生活を始められるお客様にとっても、縁起が良い部屋と言ってもいいのではないでしょうか?(参照はこちら



⑤まるでカフェのお店にあるようなおしゃれなトイレ

賃貸のトイレと聞くと、どこか画一的な雰囲気が醸し出していて、おしゃれとは程遠いような存在ですが、S205号室のトイレは、まるでカフェのお店にあるようなおしゃれなトイレに生まれ変わっています。


風水的には、トイレ内に観葉植物を置くことをススメていますが、賃貸のトイレには、基本的に棚が設置されていない場合が多いので、リノベーションを機に、観葉植物などが置けるような棚をトイレ中央奥に設置したので、これでトイレ全体が華やかな空間になります。


またトイレはどうしてもニオイが出やすい空間ですが、こちらのトイレの両壁と天井部分には、消臭効果が期待ができる機能性の壁紙を採用したので、使用方法にもよりますが、およそ5~10年は効果があるので、換気扇をうまく活用することにより、ニオイが気にならなくなります。



⑥バスタイムが楽しくなる。生まれ変わった浴室


リノベーション賃貸物件の一部の部屋は、浴室だけは以前のものをそのまま利用しているケースがあります。それは浴室を交換する場合には、最低でも50万円ぐらいの費用が掛かることから、管理会社ではあまりやりたがらない傾向ではありますが、当物件S205号室の浴室は、完全にリノベーションを施してあるので、古臭さは一切感じるどころか、清潔感や高級感が前面に出ているような雰囲気。おしゃれな浴室になっているので、毎日のバスタイムが楽しめること、間違いありませんね。



⑦おしゃれなドアノブ


賃貸物件のドアノブをみるだけで、意外にその物件が新しいかどうかをすぐに判断できてしまうほど、古い物件のドアノブは歴史を感じさせてくれるものばかりとなっていますが、現在募集中のS205号室のドアは、以前使用していたものをそのまま利用しているものの、ドアノブに関しては、おしゃれなアンティーク調なものに交換しています。



いかがでしょうか?

最近では山梨県の賃貸業界においても、築年数が経過した物件の部屋をリノベーションをする所が多くなってきましたが、ただ殆どのリノベーション物件は、各会社同じような部屋ばかりになっていて、おしゃれな壁紙を室内に多く使用していることから、人によっては落ち着かない部屋に見えてしまう可能性もあります。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルS205号室は、おしゃれな漆喰や無垢材のキッチンをはじめ、自然素材の部材をできる限り使用したことから、まるでおしゃれなカフェのお店にいるような落ち着いた雰囲気となっているので、居心地の良さが全然違います。



ホワイトインテリアに統一したS205号室は、観葉植物やドライフラワーなどをお部屋のアクセントとして置いてもらうと、室内空間がよりおしゃれになるので、自宅にいる時が一番リラックスができるので、ぜひ入居した時は、観葉植物などを至る所においてくださいね。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#ホワイトインテリア #おしゃれ賃貸 #リノベーション