賃貸でもおしゃれなインテリアを楽しみたい。それなら山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤル。


賃貸物件に住むなら、おしゃれなインテリアに囲まれた中で生活してみたいと誰もが思っているはず。ただ現実的には、おしゃれな生活どころか、イメージしていた部屋とは真逆な部屋になってしまう可能性が高くなります。


どうしてそのような部屋が生まれてしまうのかというと…

・アクセントクロスを必要以上に用いている

・アクセントクロスの色が奇抜すぎる


このような部屋では、家具と室内空間を合わせるのが非常に難しく、また奇抜なアクセントクロスは、入居して間もないころは「おしゃれに見えて」いても、時間の経過と共に、色が強すぎてしまい、落ち着かない部屋になってしまいます。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、空き部屋を順次リノベーションを行って、募集を行っていますが、当物件ではできる限り室内に用いる色を「限定」的にすることによって、誰でも簡単におしゃれなインテリア空間を作ることが可能となります。


 

目 次

1.おしゃれなインテリア空間が作りやすい理由

2.おしゃれインテリアにするには?

3.思い切って、家具を減らす

4.まとめ

 


1.おしゃれなインテリア空間が作りやすい理由

グレイスロイヤルは室内に用いる色を限定しています

こちらの部屋は、グレイスロイヤルで手掛けているリノベーション(LDK)部屋です。

ご案内用として、ホームステージングをしていますが、当物件のリノベーションはある共通点があります。


それは、室内空間に用いる色を限定すること。


賃貸物件において、お部屋を募集する際、部屋の一面を「アクセントクロス」にすることが非常に多いです。これは一面だけ色を変えることによって、より室内がおしゃれに見えるからですが、ただ管理会社などが選んだアクセントクロスの色=お客様に評価されるかどうかは別問題。


また基本的にこれから同棲を開始される方以外は、現在使用している家具などを、新居でも使用する場合が多いと思いますが、その際自分達が現在使用している家具と、部屋があるかどうかは、別問題。


そこで、当物件のリノベーション部屋においては、使用する色を限定的にし、白をベースとした部屋作りを行うことによって、どのような色の家具をお持ちになったとしても、室内空間に合いやすい部屋となっているので、入居後後悔することはないはずです。



2.おしゃれインテリアにするには?

グレイスロイヤルは誰でも簡単におしゃれなインテリア空間を作ることができます

おしゃれなインテリア空間を作るためには、出来るだけ同系色のものにすることが、一番重要となります。


こちらの部屋は、ソファー以外は同系色にまとめているので、室内空間がすっきりしていますよね。ご入居者様もその点は意識していたみたいで、室内レイアウトを床の色に合わせたとのこと。また壁には、自然素材の漆喰が施工されていますが、漆喰は自然光を反射させる性質を持っているので、通常の部屋(壁紙)と比べると、室内空間が明るくなっているので、映えるインテリア空間となっています。



3.思い切って、家具を減らす

リビングとダイニングを同じ空間にすることで、室内がすっきりした感じになります。

おしゃれなインテリア空間を作りたいと思っていても、室内空間が狭くなってしまうと、せっかくおしゃれな家具を置いたとしても、部屋が窮屈になってしまうので、折角のおしゃれな部屋が台無しになってしまいます。


そこで、おススメなのが「家具を一つ減らす努力」をしてみるのも有効的。

こちらの部屋の場合、実はダイニングテーブルがありません。


リビング空間にダイニング機能を持っていったレイアウト(カーペットの上の机がダイニングとなるそうです)をすることによって、室内空間がより広く見えてきて、また圧迫感も感じなくなることから、室内がすっきりと見えます。


特に対面キッチンが設置されている賃貸で、LDKの大きさが12~13帖ぐらいの場合、キッチンだけで約4帖あることから、実際に使用できるダイニングとリビング空間は、キッチンづスペース分を引いた分となります。

そこにダイニングテーブルとソファーとテレビを置いてしまうと、圧迫感を感じてしまう恐れが出てくるので、もし部屋を広く使いたいのであれば、リビングとダイニングを一緒にしたほうがいいのかもしれませんね。



4.まとめ

賃貸でおしゃれなインテリアを作るためには、できる限り室内に用いる色を限定することによって、誰でも簡単におしゃれなインテリアを作ることはできます。


当物件のリノベーション部屋は、統一感ある部屋となっていて、またキッチンや壁には自然素材の材料を使っているので、誰でも簡単にカフェ風インテリアを作ることはできます。



閲覧数:5回0件のコメント