賃貸でもおしゃれな生活を送りたい。ナチュラルテイスト賃貸のグレイスロイヤルはいかがですか?


賃貸でも「おしゃれな生活」を送りたい方は多いはず。

ただ賃貸物件は、退去時に「原状回復」に戻さなくてはならないので、例えば「剥がせられる壁紙」を使って、一面だけおしゃれな壁紙を貼ろうと思っても、安いものを使用してしまうと、粘着力が変になってしまって、もともとあった壁紙までも剥がしてしまう事故が、実際にあるので、どうしても躊躇してしまうところ。


それならば、最初からおしゃれな部屋になっている賃貸アパートに入居すれば、一石二鳥ですよね。


甲府市大里町にある賃貸アパート、グレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあって、2018年から空き部屋を順次リノベーションを実施しています。


当物件で手掛けているリノベーションは、他社物件でよく見かけるリノベーション部屋とは一線を画していて、自然素材をできる限り使用した「ナチュラルテイスト」となっているので、通常のリノベーション賃貸ではまず経験できない「温もり」と「温かみ」をいつまでも感じられる、居心地がいいアパートとなっています。



1.壁には自然素材の漆喰を施工

自然素材の漆喰を施工すると、壁紙では味わえない温もりが感じられます。
自然素材の漆喰を施工すると、壁紙では味わえない温もりが感じられます。

賃貸物件の壁というと、殆どの物件では「壁紙」を採用しています。

壁紙のメリットは、短時間で張替えができ、張り替えることによって「印象を変える」ことができるので、退去リフォームやリノベーションをする際、壁紙交換は積極的に行われています。


ただ、壁紙を張り替えたとしても、使用しているのは「機能性を有しない」普通の壁紙であることから、生活感が出てしまい、おしゃれとは程遠い存在。


一方、当物件のリノベーション部屋(上級グレード)においては、自然素材の漆喰がLDK・和室・洋室の全ての壁に施工。漆喰を施工することによって、まず明らかに違う部分は「室内の明光性」


漆喰を施工することによって、自然光を反射させることができるので、通所の壁紙の部屋と比べると、明るさが全く違うと言っても過言ではなく、また漆喰には調湿効果があり、室内の湿気をコントロールしてくれるので、高温多湿の時期は「湿度を吸湿し、からっとした空気」となることから、エアコンの設定温度は標準で間に合います。


一方冬場は、暖房器具を使用する機会が増え、何も対策を講じないと、室内が乾燥状態になりやすくなりますが、漆喰を施工することによって、漆喰が放湿してくれることから、室内乾燥多作をしてくれます。



2.キッチンは、本格的なナチュラルキッチン

ナチュラルキッチンに生まれ変わった、グレイスロイヤルのリノベキッチン
ナチュラルキッチンに生まれ変わった、グレイスロイヤルのリノベキッチン

近年施工された賃貸物件では、対面キッチンが設置されています。


対面キッチンは、リビング内の様子を伺うことができるので、特に小さいお子さんを育てているママさん達には、大好評のキッチン。


当物件のリノベーションにおいて、一番最初は「対面キッチン」にしようと考えていましたが、ただ対面キッチンにすることで、費用がものすごく高くなってしまい、予算的に厳しくなってしまうことが分かったので、それならば壁付けキッチンをより魅力的なものにしようと思い、ナチュラルキッチンを作ろうと決意しました。


キッチン本体のみ再利用し、それ以外の扉、キッチンパネル、水切り棚はすべて新しいものに交換しています。


キッチン扉及びカウンターに使用しているのは、本物の無垢材。

建具屋さんで、無垢材を加工~取付まで「完全手作業」で行わなければならない一点ものであるので、施工までに約3週間ぐらいかかります。


正直「壁付け用のシステムキッチン」を導入したほうが「コスト的には安い」ことは十分承知していますが、ただ手作業で作り上げた当物件のオリジナルキッチンには、無垢材が持つ癒しや、温もりが常に出ていて、これは既製品では決して味わうことはできませんし、また女性の多くはこのような「ナチュラルキッチン」で料理をするのを「憧れて」いるので、時間とコストはかかりますが当物件では、世界にひとつだけしかない、オリジナルのキッチンを導入しています。


また、今までのキッチンでは「調理スペース」が狭すぎて、まな板一枚置いてしまうと、他の物を置くことが難しかったので、リノベーションを機に調理台を付けた顔同四季のキッチンカウンター」を設置しています。



無垢材で作ったキッチンカウンターとは?

入居後にキッチンカウンターを設置される方はいると思いますが、既製品の場合「キッチンカウンターは固定」するタイプとなりますので、カウンターを移動させたい場合には、二人掛でないと移動させることはできません。


一方当物件で設置しているキッチンカウンターは、キャスターが設置されているので、レイアウトを自由自在に変えることができます。カウンターを対面に設置することによって「対面キッチン」になったり、L字型にもなりますので、使い勝手が格段に良くなります。さらに、カウンター上部には「ステンレス」が設置されているので、こちらで食材などの下ごしらえをして頂くと、とても使いやすいキッチンとなります。



カフェを彷彿させるような、おしゃれなペンダントライト

カフェを彷彿させるような、おしゃれなペンダントライト

カフェのお店にペンダントライトがないと、しっくりしませんよね。


当物件のキッチンは、ナチュラルキッチンとなっているので、ペンダントライトを設置すれば「映えるキッチン」になると思い、上級グレードの部屋においては、ペンダントライトが標準装備になっています。


ペンダントライトを吊るす「ライティングレール」に「専用フック」を取り付けると、おしゃれな雑貨や観葉植物などを吊るすことができるので、室内空間がより華やかになります。



3.まとめ

最近の賃貸業界は、空室率を少しでも改善すべく、築年数が経過した物件をリノベーションする動きが加速しています。


リノベーションをするとなると「費用がかさんでしまう」ことから、設備を一新させるときは「既製品」を導入するところが増えてきていますが、既製品を導入したリノベーション部屋は他社でも行われていることから、リノベーションをした割には「普通的」な部屋に見えてしまうかもしれません。


一方、グレイスロイヤルのリノベーション部屋では、当物件オリジナルのキッチンや漆喰などが施工されていますので、生活感を感じさせないおしゃれな部屋となっています。


実際、当物件のリノベーション部屋にご入居されたお客様も、キッチンの温もりがとてもいいと太鼓判を押してもらっていますので、ナチュラルテイスト空間で生活したい方は、ぜひ用物件に入居してみませんか?







閲覧数:1回0件のコメント

最新記事