top of page

賃貸で効果的な暑さ&省エネ対策をしたいならば、グレイスロイヤル。


賃貸アパートは、構造上「ひとつの部屋に窓が1つ」しかないため、どうしても熱が室内にこもりやすくなり、更に梅雨明け直後からは「暑さに加えて湿度」までもが高くなってしまうことから、扇風機だけでの生活は、事実上不可能となってしまいます。


ただその一方で、エアコンを利用するとなると「冷房設定温度を低く」しないと、生活に支障をきたしてしまうことから、電気代がとても高くなってしまいますが、ここ最近は「石炭や液化天然ガスなどの輸入価格高騰の影響で、電気代が値上がり傾向」となっているので、これからお部屋探しをされる方にとっては、少しでも電気代を抑えたいところ。


現在山梨県甲府市で、お部屋探しをされている方に朗報です。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあり、空き部屋をナチュラルテイストに特化したリノベーションを展開してますが、上級グレードのお部屋のみ「自然素材の漆喰」を採用しています。


実は、漆喰を室内に用いることによって、通常の賃貸物件と比べると、夏場の電気代を節約することが可能となるため、おうち時間が長くなりがちになってしまっている今、家計を助けてくれることができるので、オトクと言えます。


 

目 次

1.漆喰とは何?

2.調湿効果によって、ジメジメ感開放

3.保冷効果によって、少ない冷房で快適生活

4.ご入居者様の声

5.まとめ

 

1.漆喰とは何?

漆喰とは何?

本題に入る前に、漆喰について簡単に説明いたします。

漆喰とは、消石灰を主たる固化材とする、壁に塗る「塗り壁材」のこと。当物件で採用している漆喰は、栃木県で採掘された消石灰を使用しています。


漆喰をどうしてリノベーション部屋で採用したかについては、賃貸の機能性を改善させることができ、特に築年数が経過している物件では「賃貸の機能性の部分に不満を感じている」方が多いことがわかっているからです。


漆喰は素人ではうまく塗ることができない(練習をすれば塗ることは可能ですが…)ため、職人さんにお願いして施工してもらっていますが、完全手作業での作業となるため、ところどころに「ムラ」ができてしまいますが、壁全体から「温かみ」「温もり」感を感じることができ、更には「壁紙と比べると、日焼けがしにくい」性質であるため、長期間入居されても、劣化がしにくいといったメリットがあります。



2.調湿効果によって、ジメジメ感開放

調湿効果によって、ジメジメ感開放

夏場の時期に、どうしてエアコン(冷房)を使いたくなるのかというと…

気温以上に湿度が高く、体感温度を上げてしまうから

です。


つまり、湿度をコントロールすることができれば、エアコン設定温度を「低くする」必要性がないのですが、実は漆喰には「湿度コントロール」することができる「調湿効果」が期待できます。


漆喰を室内施工すると、「室内が多湿」状態になったときには「吸湿」してくれます。逆に冬場は、暖房器具を使用することから「室内が乾燥状態」になりがちになりますが、室内が乾燥気味になると、漆喰が「放湿」してくれるので、乾燥予防対策をしてくれます。


さらに、漆喰の効果は「半永久的に持続」すると言われていることから、長期入居されたとしても、効果が劣る心配はないので、快適な生活を送ることができてしまいます。



3.保冷効果によって、少ない冷房で快適生活

保冷効果によって、少ない冷房で快適生活

冷え性の方にとって、エアコン設定温度が「低い」と、身体が冷えてしまうため、体調管理に気を付けないと、風邪をひいてしまいます。冷え性の方は、冷房設定温度を高めにしてほしいと思っていますが、相手の方が「暑がり」な場合、冷房設定温度を低くしたいと考えますので、そこでケンカになってしまうことも、十分あり得ます。


漆喰を室内に施工すると、「調湿効果」によって「エアコン設定温度を低くしなくても、快適な生活」を送ることができますが、漆喰は「遠赤外線効果」もあるため、少ない冷房でも効率よく室内を快適にしてくれることができることから、省エネモードでも十分生活することができます。


さらに当物件では、「雨戸シャッター」が標準となっている(角部屋の出窓は除く)ことから、シャッターを閉めた状態で「エアコンを利用」して頂けると、さらに効果的となります。



4.ご入居者様の声

ここまで漆喰を室内に施工することによって、夏場であっても快適に生活することができ、更にエアコン設定温度を低くする必要性がない事を、お伝えさせてもらいましたが、実際に漆喰を用いたリノベーション部屋にご入居されている方は、本当に快適な生活送ることができているのか、確認したい所ですよね。


当物件では、フルリノベーション部屋にご入居されているお客様に、入居後インタビューを行っていますが、3年前にご入居されたお客様は、漆喰が施工されていることによって、夏場の電気代が安くなったと、驚きの報告をして頂きました。(詳細はこちら


窓は閉めっぱなしの状態で出かけるので、当然ですが、普通の賃貸ならば玄関を開けた瞬間「蒸し暑さ」が襲ってきて、すぐにエアコンをつけてしまいがちになりますが、こちらの部屋の場合、蒸し暑さは正直それ程感じませんし、何より一番驚いたのは、夜寝る時にエアコンの設定温度を低くしなくても快適に寝ることができる点です。
前住んでいた賃貸物件の場合、当然ですがエアコンの設定温度を低くしなければ寝ること自体難しかったのですが、こちらの部屋の場合エアコンの設定温度を低くしなくても(大体26度に設定しているとのことです)快適に休むことができ、場合によっては26度でも寒いぐらいで、タオルケットでは少し寒くなってしまうので、一枚ものの羽毛布団をかけて寝たこともあります。
漆喰が湿気を吸収していることもあり、寝苦しさは全く感じられず、エアコンの設定温度を低くしないことから、前住んでいた賃貸物件と比べて、夏場の電気料金が2000円ぐらい安くなったのは本当にびっくりしました。


5.まとめ

いかがだったでしょうか?


漆喰が室内に施工されていることによって、「調湿効果」「保冷効果」が期待できることから、冷房設定温度を低くしなくても、快適な生活を送ることができ、冷房設定温度を低くしすぎてしまうと、部屋が寒くなってしまうので、いい意味で「困って」しまいます。


一般的な賃貸物件では、漆喰はまず採用されていないことから、夏場の電気代が高くなってどうしようと、心配してしまいますが、当物件のリノベーション部屋であれば、快適な生活を送ることができるため、お財布に優しい賃貸と言えそうですね。


 

おススメ記事

・古い賃貸アパートをおしゃれにリノベーション!▶今すぐ記事を読む

・人気が高い新築物件でも、デメリットはあります。▶今すぐ記事を読む

・誰でも簡単におしゃれ賃貸生活ができます。▶今すぐ記事を読む  

 

#漆喰

#冷房

#電気料金



閲覧数:1回0件のコメント