賃貸で夜・洗濯物を干すなら、調湿効果が期待できるグレイスロイヤルのリノベーション部屋。


仕事などの都合により、自宅に帰った夜の時間帯に洗濯をされる方は多いと思います。


ただ、夜の時間帯に洗濯物を外に干す行為は危険。

もし雨が降ってきた場合、せっかく干した洗濯物が濡れてしまうこともあり、また夜に洗濯物を干すことは「日中の時間帯はいない」ことを証明しているようなものであることから、空き巣に入られてしまう可能性が出てしまいます。


夜の時間帯に、洗濯物を干す場合は「室内干し」にされたほうが、安心&安全です。




ただ、室内干しをすると

「乾くまでに時間がかかる」

「室内に湿気が溜まりやすくなり、壁紙にカビが生える可能性がある」

「室内干し特有の嫌なニオイがつきやすくなる」


といったデメリットが多くなるので、ついコインランドリーを使いたくなりますが、ただ毎回コインランドリーを使うと、家計にとってはマイナスでしかありませんので、困りますよね。



そこでご紹介したいのが、甲府市大里町にあるグレイスロイヤルのリノベーション部屋。



上級グレードの部屋には、自然素材の漆喰が施工していますが、漆喰を施工することによって、室内干しをされても「嫌なニオイ」はつきにくく、また通常の室内干しと比べると「時短乾燥」が可能となります。


漆喰には、室内に余分な湿気があった場合には「吸湿」してくれる効果が期待できるので、室内干しをしても、洗濯物から出る水蒸気を、漆喰が吸湿してくれるので、通常の部屋干しと比べて早く洗濯物が乾く事から、嫌なニオイがつきにくくなります。


さらに、漆喰には防カビ性も期待できることから、室内にカビが生えにくくなるので安心です。



実際、当物件のリノベーション部屋にご入居されているお客様に、室内干しについて聞いてみたところ、嫌なニオイなどはついていないとのことでした。




お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#室内干し

#漆喰

#賃貸


0回の閲覧0件のコメント