賃貸で自費でエアコンを取り付ける時、注意すべきところとは?


賃貸物件では、基本的にLDKに1台エアコンが設置されています。近年施工された新築物件では2台ついている所もあれば、場合によっては全てのお部屋に設置されている所もあります。

洋室などの部屋にエアコンが標準装備になっていない物件に関しては、基本的にお客様の方で対応(エアコンを取り付けるかどうかを決める)していただく事になりますが、ただエアコンをお客様の方で取り付ける場合、勝手に取り付けてしまうと、退去時にもめる場合が出てきます。


では、お客様の方でエアコンを取り付ける場合、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか?


1.エアコンを取り付ける場合、必ず管理会社に連絡

エアコンを新規で取り付ける場合、必ず管理会社に連絡をして許可をもらわなければなりません。

新規でエアコンを取り付ける場合「スリーブ」と呼ばれる穴が開いてある部屋と、空いていない部屋があり、空いていない部屋にエアコンを設置する場合、業者さんの方で穴をあける工事が必要となってきますが、もし無断で行うと「賃貸借契約違反」に該当してしまう場合が非常に高くなるので、絶対にやめてください。


またスリーブがついていない部屋にエアコンを設置する場合、退去時にはあけた穴を元も戻す作業をしていただく事になりますので、予めご承知おきください。


2.エアコン設置費用は誰の負担に?

もともと備えづけられていたエアコンに関する「故障」「交換」に関しては、全額オーナーさん負担となりますが、お客様ご自身でつけられたエアコンに関しては、工事費およびエアコン本体はお客様負担となります。



3.退去時に気を付けることとは?

退去時に気を付けることとは、スリープがないお部屋にエアコンを取り付けた場合には、穴をふさぐことが求められます。(現象回復義務)この費用は原則としてお客様負担となる場合があります。

またエアコンを取り付けるために使用したビスなどの跡は、どうしても残ってしまいますが、こちらに関してもお客様ご自身でエアコンを取り付けたものであることから、退去時に修繕費用が発生する可能性が高くなります。


次のご入居先(賃貸・戸建て住宅)ですでにエアコンが取り付けられていて、自分達で購入したエアコンをもっていかなくてもいい場合、管理会社に事前相談してもらえれば「残置物」として置いていくことができます。ただし管理会社に「エアコン買取」をお願いしても、管理会社では売買NGとしている所が多いので、買取はできないと思ってもらった方がいいのかもしれませんね。



少しでも参考になれば、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#エアコン #賃貸

0回の閲覧0件のコメント

物件住所

〒400-0053

​山梨県甲府市大里町2570

お気軽にお問い合わせ下さい

055-241-2218

お問合せの際、お客様情報を当物件を管理している管理会社にお伝えすることがあります。
​Amazonギフト券が必ずもらえる見学会ご参加の方は、専用フォームよりお申込み下さい。
  • Instagram
  • Twitte

© 2018 GRACE ROYAL ELEGANT ROOM  yamanashi