賃貸で自費取付のエアコン。退去時設置跡の修繕は誰の責任?



これからの季節は、気温と湿度がどんどん高くなっていくので、エアコンを使用しなければ生活をすること自体が難しくなってしまいますよね。


近年施工された賃貸物件では、LDKなどの居住部屋にエアコンが完備されていますが、ただ築年数がある程度経過している物件においては、エアコンは1基しか設置されていないケースがあり、もし洋室などにエアコンを新規設置する場合には、お客様負担において取り付けることは可能です。


自費購入したエアコン設置に関して、設置跡の修繕費用はオーナー負担となります

取り付ける場合、エアコン用の穴が部屋にない場合もあるので、新規でエアコンを設置する場合、管理会社に事前連絡をして許可を求めてから行わないと、万が一エアコンの穴が設置されていない物件によって、事前連絡なく一方的に穴をあけた場合「破損させた行為」とみなされてしまうこともあり得ますので、必ず連絡して許可を得てから行ってください。



エアコン本体を室内に設置する際、ビスなどを使って固定させるのですが、もしご退去が決まった時、自費で取り付けたエアコンを撤去しようと思った時、当然ではありますが「ビス跡」が残ってしまいます。


この場合、退去リフォームで壁紙交換が必要となってしまいますが、この費用は誰の負担になるかというと、お客様ではなくオーナー負担となります。

これは国交省が策定したガイドラインにもしっかりと明記されているので、ご安心ください。



退去時、自費で取り付けたエアコンは置いていくことは可能なの?


退去時自費購入したエアコンは、オーナーさんは許可を出してくれれば置いていくことは可能

退去時、自費で取り付けたエアコンに関しては、原状回復をしなければならないことから、撤去してもらうことになりますが、ただ新居先にすでにエアコンが設置されていているなどの理由で、エアコンを残して退去したい場合、管理会社に連絡すれば置いていくことができるのか、気になるところですが…


管理会社とオーナーさんの考え次第にはなりますが、お客様が購入されたエアコンが「古すぎない」「まだ使用できる」ことが分かった場合には、残置物扱いとして置いておくことは可能です。ただし、オーナーさんが撤去してほしいと言われた場合、退去日までに撤去しなければなりません。


また、エアコン撤去の際には、通気口をふさぐ「スリーブキャップ」と呼ばれる「フタ」をつけてから退去しないと、退去立ち合いの際「修繕費用」が発生する可能性がありますので、注意が必要です。(エアコン業者が基本取り付けますが…)



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#エアコン

#ビス跡

#賃貸借契約

#残置物



8回の閲覧0件のコメント