賃貸なのに照明がおしゃれすぎる。グレイスロイヤルのリノベ賃貸。


賃貸物件は、原則として「原状回復義務」が発生してしまいます。

そのこともあるので、室内をおしゃれにしたいと思っても、躊躇してしまう方は多いのではないでしょうか?


基本的に、賃貸物件には「照明器具」は一部を除き、設置されていませんので、ご入居後お客様の方で対応することになるものの、ソケット部分が限定されているので、それに見合った照明器具を取付けないといけないことから、どうしても生活感が出てしまう「シーリングライト」を設置する方が多くなってしまいます。


照明器具を変えるだけ、室内空間をおしゃれな部屋にすることができるのですが、山梨県甲府市にある2LDK賃貸アパート・グレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあるので、2018年以降空き部屋を随時リノベーションを行っています。


なんと上級グレードのお部屋のみではありますが、おしゃれすぎる照明が標準となっているので、ナチュラルキッチンとの相性がとてもよく、さらに室内がすっきりと見えるので、生活感が感じにくいお部屋を作ることができます。

 

目 次

1.ビフォーアフターが凄い

2.昼もいいけど、夜もいい

3.まとめ

 

1.ビフォーアフターが凄い

上の部屋は、当物件で数年前に手掛けたリノベーション部屋の「ビフォーアフター」です。


リノベーション前の部屋は、よくあるような賃貸のLDKといった感じですが、リノベーション後は「ナチュラルテイスト空間」が魅力的な、おしゃれなカフェスタイル物件となっているので、お部屋全体から温かみを感じることができます。


こちらのお部屋は「上級グレードのお部屋」であるため、照明器具も新しく導入しています。13帖のLDKに「ダウンライト4基」と「ペンダントライト」を新しく設置していますが、照明器具が小さめとなっていることもあるので、室内空間がすっきりして、清潔感も感じることができます。


賃貸物件のLDKで、照明器具が標準となっていること自体、珍しい話であり、さらにここまでおしゃれな照明器具が設置されている物件は、山梨県内の賃貸物件でも、あまり例がない事から、お部屋探しをされているお客様は、皆さん驚かれます。




2.昼もいいけど、夜もいい

夜はよりおしゃれ空間に変身する、グレイスロイヤルのリノベ賃貸

賃貸の内見は、基本的には「日中の時間帯」が多いので、夜になると「どのような感じになるのか」は、入居後でしかわかりませんよね。


当物件の上級グレードのリノベーション部屋には、LEDダウンライトが4基設置されていますが、果たして夜の時間帯において「明るさ的には大丈夫なのか?」心配される方もいるはずです。


上の部屋は、先程とは別のお部屋ですが…いかがですか?

ダウンライト4基+ペンダントライト全て使用した時、ここまでの明るさがあれば、たぶんですが、多くの方は「納得」されるのではないでしょうか?


本来ならば、ご自身で対応しなければならない「照明器具の設置」が、ほぼ不要になり、さらにここまでのおしゃれな照明+明るさがあれば、もう申し分はどこにもないと思われます。


お洒落すぎる!ペンダントライト!

キッチンがとてもおしゃれになっているので、ペンダントライトとの相性がとてもいいですよね!


ライティングレールに「専用フック」を取付けることによって、ペンダントライトの魅力をさらに高めることができます。



3.まとめ

お洒落な照明がついていると、入居後のイメージがより鮮明になります

いかがだったでしょうか?


お部屋探しをする際、「照明器具は自分達で用意するもの」という感覚が強く、仮に標準となっていたとしても、「ごく当たり前な照明」だと、生活感が全面的に出てしまいますよね?


山梨県甲府市にあるおしゃれな賃貸アパート・グレイスロイヤルでは、上級グレードのお部屋のみではありますが、ダウンライトとペンダントライトがLDK及び玄関エントランスに標準となっているので、おしゃれな照明を取付けたいけど、自分達で用意するのは面倒と思っている方にとっては、理想的な部屋と言っても過言ではありませんよね!

 

おススメ記事

・築30年近い物件が人気物件に早変わり!▶今すぐ記事を読む  

・賃貸玄関でもおしゃれインテリアを楽しめる。▶今すぐ記事を読む

・2LDK賃貸おしゃれレイアウトのコツとは?▶今すぐ記事を読む  

 

#リノベーション

#おしゃれ照明

#山梨賃貸

閲覧数:5回0件のコメント