賃貸ならローンはありません。


新型コロナウイルスの影響により、今期冬のボーナスが支給されない企業は、意外に多くまたもらえたとしても前年と比較しても、減額になったところの方が多いのではないでしょうか?


収入やボーナスが減ってしまうことにより、一番の打撃となるのが「住宅」

特にマイホームをお持ちの方にとっては、収入が減ってしまうことにより毎月支払うローン返済がきつくなってしまう可能性が高くなります。一日も早く新型コロナウイルスの新規感染者数が減少すれば、また経済活動も再スタートできるのですが、現時点においては新規感染者数が過去最多を連日更新している以上、経済活動が動き出すことはまだまだ難しい模様…。




ファミリー向け賃貸アパートにお住まいの方が住替えをする際、一番多いのは

マイホーム購入


賃貸アパートは入居し続けていても自分の所有物にはなりませんし、なにより賃貸物件は何かと制約が多いことから、気を使わなければならない点はデメリット言えます。



一方、マイホームを購入すればローンの支払いさえ終われば、完全に自分の所有物になりますし、何より生活音に気を使わない生活ができる点においては、やはりマイホームはメリットと言えます。


ただマイホームを購入するとなると、毎月決まった日までに住宅ローンの支払いを行わなければなりませんし、収入が減ったからと言って返済期日を伸ばすことも許されません。


また、ローンの支払いが苦しくなって、やむを得ずにマイホームが売却できたとしても売却価格がローンの残債に達していなければ、売却後もローンの支払いは続けなければなりません。



一方、賃貸アパートの場合…

万が一収入やボーナスが減少し、毎月の家賃の支払いがきつくなっても

安い賃貸に住替え

を行うことにより、生活がきつくなるようなことはなく、また新たな借り入れをするようなこともありません。



マイホーム購入は、人生の買物の中で一番高いもの。

だからこそ、絶対にミスは許されません。


将来のことは誰にも予測はつきませんが、ただこれだけは言えるのは「賃貸なら住み替えが容易」にできるものの、マイホームは住み替えを簡単に行うことはできませんし、また売却できたとしても残債がゼロにならない場合があるので、リスクがあることを承知した上で、決断されることを強く望みます。




1回の閲覧0件のコメント