賃貸に浴室乾燥機がなくても大丈夫。漆喰ならランニングコストがゼロ。


近年に施工された賃貸物件には「浴室乾燥機」が標準装備されています。

浴室乾燥機があると、室内干しをする時早く洗濯物を乾かすことができ、今の時期にはもってこいの設備のひとつ。

ただ、浴室乾燥機が標準装備されている物件は、基本的に家賃が高めに設定されているので、入居を諦めてしまう方も多いと思いますが、ご安心ください。


浴室乾燥機がなくても、室内干しが快適に干すことができるお部屋を、グレイスロイヤルではご紹介することができます。


目 次

1.浴室乾燥機のメリットとデメリット

2.グレイスロイヤルの漆喰部屋

3.漆喰部屋での室内干しは、ランニングコストゼロ

4.まとめ


1.浴室乾燥機のメリットとデメリット


浴室乾燥機があることで得られるメリットは、浴室内での室内干しをする時、湿気を吸収してくれることから、洗濯干し特有の嫌なニオイを防ぐことができる点。

また、浴室乾燥機には「冷房・暖房」機能があるものもあるので、今の時期は浴室と脱衣所との温度差が激しいですが、浴室乾燥機の暖房機能を利用することにより、温度差を解消してくれることから、身体的な負担軽減にもなるので、こちらもメリットの一つと言っても過言ではありません。


一方、デメリットとして挙げられるものといえば、浴室乾燥機で室内干しをする場合、洗濯物が乾くまでどうしても時間がかかることから、電気代が発生しまう点と、浴室乾燥機にはフィルターが設置されていることから、定期的な掃除をしなければならない点。掃除を怠ってしまうと、ホコリが溜まりやすくなり、機能面・健康面においてマイナスになってしまいます。



2.グレイスロイヤルの漆喰部屋

グレイスロイヤルで現在募集しているS205号室のLDK・和室・洋室の全ての壁には、自然素材の漆喰が施工されています。


漆喰を施工することにより、室内の余分な湿気がある場合は、漆喰が湿度を吸湿してくれます。一方冬場は暖房器具を使用することにより、室内乾燥が発生しやすくなりますが、乾燥状態になると、漆喰が室内に適度な湿度を放湿してくれますので、室内乾燥予防をしてくれます。



3.漆喰部屋での室内干しは、ランニングコスト&嫌なニオイゼロ

グレイスロイヤルでは、浴室乾燥機は標準装備されてはいませんが、その代わりとして、現在募集しているS205号室の洋室には、室内物干しが設置されています。


漆喰は強アルカリ性の性質を有していて、消臭効果と調湿効果が期待できることから、室内干しをしても嫌なニオイがつくことはありませんし、また漆喰が洗濯物の湿気を勝手に吸湿してくれるので、浴室乾燥機みたいにランニングコスト(電気料)やメンテナンス(フィルター掃除)をする必要もなく、しかも漆喰の効果は半永久的に続くので、家計的にみても明らかにどちらの部屋が理想的かどうか、一目瞭然ですよね。



4.まとめ


浴室乾燥機があると、確かに便利な部分はあります。

ただランニングコストやメンテナンスが必要となってくるので、これらが気になる方にとっては、浴室乾燥機がデメリットに感じてしまいます。


一方、漆喰部屋での室内干しなら、ランニングコストやメンテナンスをする必要は一切ありませんし、時短乾燥をしたい時には「扇風機」を活用していただく事により、湿気を早く飛ばしてくれるので、ご入居された際にはぜひ一度試してみてはいかがですか?


#浴室乾燥機 #漆喰 #室内干し


物件住所

〒400-0053

​山梨県甲府市大里町2570

お気軽にお問い合わせ下さい

055-241-2218

お問合せの際、お客様情報を当物件を管理している管理会社にお伝えすることがあります。
​Amazonギフト券が必ずもらえる見学会ご参加の方は、専用フォームよりお申込み下さい。
  • Instagram
  • Twitte

© 2018 GRACE ROYAL ELEGANT ROOM  yamanashi