賃貸のウォーキングクローゼット。実は大きな落とし穴が…。


こんにちは。


近年施工されたファミリー向け賃貸物件(1LDK以上)は、お客様のニーズをできる限り反映させた部屋となっていますので、入居後快適に過ごすことができることから、家賃が多少高いと思っていても、入居募集がスタートした途端に、すぐに満室になってしまうことは珍しくもありません。



特に、収納部分に関しては

ウォーキングクローゼット

が標準装備になっている新築物件は殆どとなっています。


賃貸物件の悩みのひとつとして、収納部分が狭いことは、常に言われてきています。

入居者様のライフスタイルにもよりますが、荷物が多い方の場合、どうしてもクローゼットだけでは収納することができずに、やむを得ずお部屋の一部にも荷物を置いている方は、意外に多いですよね。


ただ、ウォーキングクローゼットがあれば、荷物が大量にあったとしても、クローゼット内に置くことができるので、室内が荷物でかさばるといった心配はありません。






しかし…

ウォーキングクローゼットがあるおかげで、実は居住空間が犠牲になってしまっていることを、殆どの方はご存知ではありません。


ファミリー向け賃貸物件にお住まいの方は、基本的にご夫婦/結婚予定があるカップルが中心と思われますが、寝室はよほどのことがない限り一緒であると思われますが、ダブルベッドを寝室に置く場合、


寝室の広さが6帖以上あれば、ダブルベッドを置いても室内空間に余裕が生まれます。



ただ、寝室が6帖以下の場合になると、ベッドは置けるものの…

室内空間は窮屈になってしまいます。



賃貸物件の部屋の広さにもよりますが、ウォーキングクローゼットが設置されている物件では、クローゼットを置くばかりに、寝室が6帖以下という所が結構多く、また寝室に関してはお部屋探しの時「ベッドを置いた場合、どのような雰囲気になるのか?」といったイメージがあまりないので、お部屋を決める際には注意が必要です。



当物件で現在募集している部屋には、和室部屋がありますが…

ウォーキングクローゼットにも負けないぐらい、大容量の収納力が自慢の「押入」があります。当物件には洋室と和室それぞれ一部屋ずつありますが、両部屋とも6帖となっていますので、ダブルベッドを置いても、室内空間が狭くなってしまう恐れはありません。



収納をとるか、室内空間をとるか…

人それぞれ考え方は異なりますが、狭い空間の中で生活すると、無意識の内にストレスを感じてしまう恐れがあることから、やはり寝室は広い空間の方がいいと思います。


お部屋探しの際、参考にして頂ければ、幸いです。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#ウォーキングクローゼット #寝室 #狭い #ストレス