賃貸のトイレが壊れた!どのように対応するの?


こんにちは。


賃貸物件のトイレが、急におかしくなってしまった経験は誰もがあること。

トラブルが平日の夜や土休日に発生してしまった場合、管理会社に連絡しても営業時間外なので、どこに連絡をすればいいかわからなくなってしまって、焦った経験をされた方はおそらくいますよね?



賃貸のトイレが故障しやすい理由とは?


トイレの故障の原因の大多数は、タンク内にある部品が経年劣化の影響により、壊れてしまい「トイレの水が流れっぱなし」になるケースが殆ど。

管理会社からの報告によると、タンク内にある「ボールタップ」等といった部品の劣化により、水が流れっぱなしになってしまうケースが、トイレ故障連絡の殆どを占めるとのことです。



トイレの調子がおかしい場合、どこに連絡をしたらいいの?


トイレの調子がおかしいなと思った時は、すぐに管理会社に連絡をして下さい。大手管理会社が管理する物件にご入居されている場合、24時間管理をしている場合が殆どなので、夜間や土休日はコールセンターに連絡をしてもらえれば、担当者が現場に急行し対応してもらうことができます。


なお、ここで気を付けないといけないのが、賃貸物件に関する修理に関しては、基本的には管理会社が指定する工事業者を使用しなければならない事。

これは賃貸借契約にも記載がありますが、緊急時を除いては基本的に管理会社が指定する工事業者しか対応できない点だけは、ご理解ください。




トイレの修理代金は、誰の負担?


トイレの修理負担に関してですが、今回のトラブルの原因が「部品の劣化」によるものであれば、オーナーさんが修理代金を支払いますので、お客様がご負担することはありません。


ただし、お客様の故意によって修理が必要となった場合(例えば鈍器などの重いもので壊してしまった/トイレットペーパー以外の紙をトイレに流してしまい、詰まらせてしまった)は、全額お客様負担となりますので、使用の際には十分気を付けてください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#トイレ故障 #修繕


1回の閲覧