賃貸の入居審査。時間がかかる場合は何か理由があります。


賃貸物件に入居する時、必ず入居審査があります。

最近では、家賃保証会社に加入することを必須としている管理会社が多くなってきたことから、入居審査は「家賃保証会社による審査」と「管理会社による審査」の両方行われ、2つの審査に通過された方のみが、晴れて契約をすることができます。


家賃保証会社による審査は、通常何もなければ数日で審査が終わるのが一般的で、中には即日で審査結果がわかる保証会社もありますが、賃貸の入居審査に時間がかかる場合の殆どは、実は家賃保証会社の審査が長引いている場合が殆ど。


家賃保証会社の審査が長引く時は

収入的に入居希望物件の家賃を支払える能力があるのか?

家賃保証会社が懐疑的になっている場合が殆ど。


基本的にはご主人の勤務先・年収から「家賃が支払えるかどうか」審査を行いますが、もし

家賃保証会社の審査に仮に通らない場合があっても、基本的に心配することはありません。


管理会社・仲介会社では、複数の家賃保証会社と提携を結んでいますので、別の家賃保証会社に審査を回すことはよくあること。違う保証会社に審査を回して、審査が通過した事例は実はよくあることですが、ただ別の家賃保証会社に回しても審査が通らない場合は、確実に「収入的に家賃支払い能力がない」ことが考えられるので、その際は家賃が安い物件を改めて探して、入居審査を受けるしか方法はありません。

 

ご注意

なお、以前に家賃保証会社を利用していた賃貸物件にお住まいだった方で「家賃滞納を繰り返していた」「強制退去処分を受けた」場合で、家賃保証会社の履歴に残っていると、無条件で審査は通りません。

また別の家賃保証会社に審査を回しても、家賃保証会社では協会に加入している場合があり、協会内で家賃滞納者を確認することができる時には、別の家賃保証会社を利用したとしても、入居審査が通ることはありません。

 

また、管理会社においては「お客様の人柄」を中心に「入居させても大丈夫かどうか」について判断します。


ご契約至るまで、何回かは仲介会社に行くことがありますが、その際「横柄な態度」「入居予定者全員が打ち合わせに参加しない」(正当な理由による欠席は除く)「モラルに反した服装」等をしていた場合、場合によっては「トラブルを引き起こす可能性がある」と判断して、入居を断る場合もあります。


入居審査は、何もなければ数日の間ですぐにわかりますが、もし1週間以上経過しても、まだ連絡がない場合には、恐らく審査が難航していることを示唆していますので、その際は管理会社などにご相談してみた方がいいのかもしれません。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#賃貸借契約 #家賃保証会社 #入居審査


閲覧数:17回0件のコメント