賃貸の入居日、いつがいいの?


賃貸物件に入居したいと思っても、すぐに入居することはできません。

入居申込をされてから、賃貸借契約書にサインをするまで、個人差がありますがおおむね2週間ぐらいはかかります。


ただ今まで別の賃貸物件に入居されていた方にとって、新しい賃貸物件と契約することによって、「二重家賃問題」がどうしても発生してしまいます。



賃貸住替え時に発生する二重家賃問題とは?

賃貸の住み替えをする際に発生してしまう二重家賃問題。

二重家賃とは「前の賃貸物件の退去月に発生する日割り家賃」と新居での「入居月の日割り家賃+前家賃(翌月分)」が同時に発生してしまうので、出来ることならば「新居先の家賃(当月分と翌月分)」をできる限り抑えたいところ。


不動産仲介会社によって違いはありますが、一般的には「賃貸借契約書にサインをする日」が「家賃発生日」になっている場合が多いので、契約をした月の家賃=日割り家賃を抑えることができれば、二重家賃問題はそれ程、深刻な問題にはなりません。



契約日を指定することができるの?

契約日を指定することができるの?

賃貸借契約書締結日=家賃発生日としている物件の場合、契約日を「可能な限り月末」に指定することによって、日割り家賃を抑えることができます。


ですので、月の途中(おおむね15日ぐらい)までに入居審査を行っていれば、月末の契約に間に合う可能性が出てきます。もし仲介会社から契約日について指定された場合「都合が悪いので月末にしてもらえませんか」とお願いすれば、よほどのこと(契約日が1か月以上先ではダメですが)がない限りは、認めてくれる可能性があります。



問題は前家賃がカバーできない

日割り家賃は抑えることができても前家賃は通常道理発生してしまう

賃貸物件に入居する際「当月分と翌月分」の家賃を先に支払わなくてはなりません。


当月分の家賃は、どのような方でも「月の途中」からとなってしまいますので、日割り計算で家賃の支払額を決めます。ですので当月分の家賃に関しては「家賃発生日に設定されているケースが多い賃貸借契約書」のサインする日を「月末設定」にすることにより、日割り家賃を圧縮することができます。


ただし、翌月分(前家賃といいます)の家賃に関しては、1か月分の家賃(共益費や駐車場代など諸費用も含みます)すべてを支払わなければならないので、初期費用が高額になってしまう要因となってしまいます。


もし、前家賃を抑えたいのであれば、家賃が一定期間無料となる「フリーレント」が設定されている物件に入居されることをおススメします。


フリーレントが設定されていると、家賃部分のみとなってしまいますが、フリーレントが設定している期間内は「家賃が無料」となり、これは前家賃と相殺することができるので、二重家賃問題をほぼ解消することができます。



グレイスロイヤルならばフリーレント2か月付

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルならフリーレント2か月付

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、家賃が一定期間無料となるフリーレントが

なんと2か月

付いているので、前家賃分が無料となりますのでとってもオトク。


家賃分ではありますが、2か月分が無料となるということは、家賃6万円の部屋ならば12万円が0円となることになるので、浮いた家賃で「引越費用」や「新生活に必要な家具や家電」購入費用に回すことができますよね。


山梨県内の賃貸業界でも、フリーレントが2か月ついている所はまずありませんので、他社物件から住替えされた方にとっては、二重家賃問題は、ほぼ解消されますので安心ですよね。


お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。


 

オトクな情報

賃貸物件を退去する場合、基本的に「退去日の1か月前まで」に管理会社に連絡しなければなりません。退去する場合の家賃に関しては「日割り家賃」が適用されますが、月の途中で退去連絡をした場合、翌月1日~退去日までの家賃が「日割り」となるので、退去日をできる限り月初に設定したほうがオトクとなります。

 


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。




閲覧数:3回0件のコメント