賃貸の共用廊下に私物を置いてもいいの?


こんにちは。


最近の賃貸物件は、内階段(メゾメットタイプ)がついているので、2階に上がる場合、共用廊下はありません。

しかし、マンションタイプの物件や一部の賃貸アパートには、共用廊下が設置されている場合がありますので、一部のご入居者様は私物を置いてしまう方もいます。

共用廊下に私物を置いてもいいの?

基本的に、共用廊下にご入居者様の私物を置く事を禁止している物件は、多いと思われます。その理由は、万が一火災などが発生した場合、私物があることにより、避難の妨げになる可能性が高いことが挙げられます。


ただその一方で、賃貸物件は一定のスペース内にお部屋を設置している関係から、どうしても全てのものを収納することは難しく、かさばるもの(よくある例としてベビーカーなど)は、共用廊下に置かせてもらいたいと思う方も多いですよね。


当物件で管理している管理会社の「賃貸借契約書」の中には、もし私物を共用廊下に置く場合には、オーナーの許可が認められた場合には、私物を置いても大丈夫と明記されています。


当物件においては、一部の私物に関しては、共用廊下においていただいていも、差支えはありませんが…ただ下記のような使い方をした場合は、NGです。



これは当物件で実際にあった事例ですが、共用廊下を物置感覚&共用廊下の使用範囲を勝手に指示をしていたお客様がいましたが、このような使い方をした場合、モノが溢れすぎて、避難の妨げになる可能性が高くなる可能性がありましたので、すぐに片付けるようお願いしたケースがありました。


もし、私物の荷物が多くなってしまった場合には、レンタルルームを活用するか、この際思い切って「断捨離」をした方が良い場合があります。



共用廊下は、ご入居者様共通の廊下。

節度ある使い方をして頂ければ、管理会社もとくに指示することはありません。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。