賃貸の壁に穴をあけたい。許容範囲はどこまでなの?


賃貸物件に入居する際、いつも疑問に思うことと言えば、雑貨などを壁に取り付けたいと思った時、どのぐらいの穴までだったら許容範囲(退去費用に含まれない)なのか、イマイチわかりにくいですよね。理解しないまま、壁に穴をあけてしまいその結果、退去時に修繕費用が発生してしまったら、後悔をしてしまいます。


もし賃貸の壁に穴をあける場合、どこまでが許容範囲なのかについて、お話していきたいと思います。


目 次

1.許容範囲は、補修ができるかどうか?

2.画鋲以上の穴の場合、完全にアウト

3.修繕費用逃れをしようと思って、穴をふさいでもバレます

4.まとめ

1.許容範囲は、補修ができるかどうか?


賃貸の壁に穴をあけようと思った時、退去時に補修ができるぐらいの大きさならば、お客様責任にならない場合が多いです。


補修ができる大きさの基準は「画鋲の穴」

画鋲を指すことによって発生する穴は、よく見なければわかりにくいのですが、わかりにくい大きさということは、逆に補修がしやすい=壁紙交換をしなくても済むので、もし室内に雑貨などを置きたい場合には、画鋲を積極的に使ってください。また最近では壁の穴が目立ちにくいピンが発売されていますので、これらを有効活用するのも手ですよね。



2.画鋲以上の穴の場合、完全にアウト


画鋲以上の穴をあけてしまった場合、補修することが原則できなくなってしまい、壁紙そのものを交換しなければ対応することができないため、もし画鋲以上の穴をあけてしまった場合は、お客様が修繕費用を支払っていただく事になります。(敷金を入居時に預けている場合は、敷金から相殺します)


画鋲以上の穴をあけてしまうと、補修そのものができない=パテで塗っても完全に跡が残ってしまうので、これを隠すためには、壁紙交換をする以外方法はありません。もちろんですが、これは経年劣化で発生したものではなく、お客様責任で行ったものであることから、修繕費用は必然的に発生してしまいます。



3.修繕費用逃れをしようと思って、穴をふさいでもバレます


ごくまれにあるのですが、ご入居期間中に「画鋲以上の穴」をあけてしまい、退去時に修繕費用の支払いを逃れるために、「壁穴を補修」されるお客様がいます。


ただ、管理会社の担当者は常日頃から「現場立ち合い」をしているので、補修をお客様で行っても、すぐにバレてしまい「補修費用を請求」されてしまいます。もし画鋲以上の穴をあけてしまった場合、そのままにしてもらった方が、退去リフォームをする時、作業がしやすい場合がありますので、穴などは埋めなくても大丈夫です。



5.まとめ


賃貸物件の修繕費用は、しっかりと明確化されています。

画鋲以上の穴をあけてしまうと、壁紙の減価償却の対象外(入居6年以上の壁紙の価値=1円)となり、修繕費用=壁紙交換=穴をあけてしまった壁一面の壁紙交換をしなければなりません。


ただしっかりとモラルを守って頂ければ、退去時に多額の費用が発生することはまずありませんので、ご安心ください。


#賃貸 #壁穴 #修繕費用 #退去費用

物件住所

〒400-0053

​山梨県甲府市大里町2570

お気軽にお問い合わせ下さい

055-241-2218

お問合せの際、お客様情報を当物件を管理している管理会社にお伝えすることがあります。
​Amazonギフト券が必ずもらえる見学会ご参加の方は、専用フォームよりお申込み下さい。
  • Instagram
  • Twitte

© 2018 GRACE ROYAL ELEGANT ROOM  yamanashi