賃貸の壁紙にキズ&破けた場合、弁償するの?


こんにちは。


賃貸物件に入居されている方は、契約時に仲介会社の担当者から「重要事項説明」を必ず伝えられていると思いますが、お客様が故意に壊してしまった場合、退去時に補修費用を出さないといけない契約になっています。(退去時に部屋をもとの状態に戻す義務が発生するからです)



日常生活をしていく上で、気を付けていたとしてもどうしても物を壊してしまうことはよくありますが、賃貸物件の場合「経年劣化が原因」による設備の損傷は、基本的にはオーナーの方で全額負担となりますが、掃除を怠ったことが原因と思われる汚れなどは、退去時にお客様の方で負担をしていただく事になります。


では、よくありがちな「壁紙にキズ・破けた場合」の補修費用負担はだれが負うのかについてですが、壁紙は時間と経過と共に「つなぎ目」の部分がだんだん浮き出てしまい、中には壁紙がはがれてくるものもありますが、このような経験劣化が原因による壁紙の剥がれに関しては、オーナー負担となる場合が多いのですが…


ただし、下記の場合に関しては退去時お客様負担となりますのでご注意下さい。

①引っ越しなどの際に、壁紙にキズを誤ってつけてしまった場合。

キズの個所があまりない場合、全面張替えにはならないケースがあります。一部補修費用だけで対応できる場合もありますので、出来るだけキズはつけないように注意して下さい。またお子さんが壁紙に落書きをしてしまうケースはありますが、落書きをしてしまうと、壁紙一面交換をしなければならなくなりますので、注意して下さい。


②タバコのヤニ

室内でタバコを吸う方には特に注意してもらいたいのですが、タバコのヤニは壁紙に染みつきやすくなり、ヤニのニオイがクリーニングなどで消えないと判断した場合には、染みついた壁紙一面をすべて交換をしないといけないので、補修費用が高くなるケースが出てきます。


③掃除を怠ったことが原因によるカビ・シミ

賃貸物件は基本的に窓が各部屋に一つしかない場合が多いので、換気がしにくいという面から、カビなどが発生しやすくはなりますが、ただカビが発生したからと言って、掃除をしない場合、善管注意義務違反とみなされ、クリーニング費用が発生する場合があります。小さいお子さんがいるご家庭では、飲み物をこぼしてしまうケースはよくありがちですが、これらは基本的に掃除をしっかり行っていれば、防ぐことができますので、ご安心ください。


これは実際にあった事例なのですが、修繕費用の負担を免れたいと思い、退去立ち合い前に、入居者様の方で補修を行われていた方がいましたが…


補修をしても、担当者や工事担当者には全てお見通し。

悪い言い方になりますが、補修をしたとしても、お客様の故意によるものと認められた場合には、修繕費用を頂きますので、このようなことは決して行わないでください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#修繕費用 #退去