賃貸の壁紙を張り替えたい!勝手に行ってもいいの?


賃貸物件の壁紙って、基本的に白色を使用している場合が多いと思いますが、ただお客様の中には「おしゃれな壁紙」を貼って、少しでも室内をおしゃれ空間にしたいと思っている方は多いはず。


ただ、賃貸物件には「原状回復義務」があるから、おしゃれな壁紙を貼ることにより、退去時に請求させられてしまうのではと、張替えに躊躇してしまいますよね。


では、もし賃貸のお部屋の壁紙を張り替えたいと思った時、借主である入居者サイドが勝手に行ってもいいのかというと…


勝手に行うのは絶対に避けてください。勝手に張り替える行為は退去時トラブルになる可能性が高くなります。



賃貸の壁紙も含め、お部屋にある設備は、全てオーナーさんの所有物であることから、勝手に交換などをしてしまうと、もし何かあった場合、責任がだれにあるのかわからなくなってしまうからです。


もし、お客様の方でどうしても壁紙を交換したい場合、方法としては2つあります。


一つ目は「原状回復可能」な「剥がせられる壁紙」を使って、今貼ってある壁紙の上に直接貼る方法。


最近では、剥がせられる壁紙の種類が豊富になってきていて、ホームセンターやネットで販売されているので、気に入った壁紙を探し出すことは可能です。


ただし1点だけ注意があります。

剥がせられる壁紙を使用する場合は、安いものは使用しないほうがベスト。

安いものをを使用した場合、いざ剥がす時にもともとあった壁紙までも剥がしてしまって、退去時に壁紙交換費用が発生してしまった事例があるからです。

(詳細はこちら▶▶記事を読む





二つ目は、管理会社経由でオーナーさんにお願いをして、自費で壁紙を交換するケース


管理会社経由でオーナーさんにお願いをして、自費で交換をするケースがありますが、この場合、オーナーさんにどのような壁紙を貼るのかを事前に伝えた方がベスト。


またオーナーさんから「退去になった場合、どのようにするのか?」と聞かれた際には「元の状態に戻す」(ただしこれも自費)ことを伝え、オーナーさんや管理会社さんに迷惑をかけないことを約束するとをPRできれば、場合によっては許可される可能性が高いです。

(ただし、お願いしてもダメという物件もあります)



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#壁紙 #おしゃれな壁紙



閲覧数:59回0件のコメント