賃貸の対面キッチンの意外な盲点とは?


こんにちは。


近年施工された賃貸物件は、できる限り若い方のニーズをお部屋の中に取り入れているので、設備がとても充実しています。


特にキッチンに関しては、対面キッチンが標準装備になっている物件が殆ど。

対面キッチンの魅力と言ったら、やはりリビングにいる家族の様子を伺いながら、料理ができる点。

壁付けキッチンの場合、振り向かなければ様子を伺うことができないので、特に小さなお子さんがいるご家庭の場合、対面キッチンはとても便利であることは間違いありません。



しかし、便利な対面キッチンにも実は大きな落とし穴が…

それは、キッチンの通路幅が完全に確定されているので、ご夫婦がキッチンですれ違う時や、調理器具を取り出す時、人によっては通路幅が狭いと感じる場合があること。


また対面キッチンは、キッチンを置くスペース(約4帖ほど)をあらかじめ確保してあるので、キッチン~ダイニングまでの移動距離が壁付けキッチンと比べて長くなってしまうので、行き来が多い場合には疲れてしまいます。



キッチンスペースはできるだけ広い方がいいと考えている方は、対面キッチンはあまりお勧めできません。壁付けキッチンなら、キッチンの通路幅や移動などを考えなくてもいいので、料理に集中したい方、ご夫婦で料理を作りたいと考えている方には、ぴったりのキッチン。

当物件のキッチンは、壁付けキッチンではありますが、調理台が付いた可動式のキッチンカウンターが標準装備になっているので、カウンターを移動させれば「対面キッチン」にも早変わり。このキッチンカウンターの良い所は、広い調理台とキッチン通路幅を自由自在に変更できること。さらに、料理をしない時には収納することができるので、賃貸という限られた空間を最大限活用することができる、万能型のキッチンカウンターと言えそうですよね!



賃貸生活の中で、キッチンの使い勝手がいいかどうかは、重要なポイント!

キッチンカウンターが自由自在になる当物件のおしゃれなキッチンは、料理の時間が楽しくなること間違いありませんので、快適な賃貸生活を満喫できそうです。



お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#賃貸 #キッチン #おしゃれキッチン #対面キッチン