賃貸の更新料とは?支払わないといけないの?


こんにちは。


賃貸物件は、基本的に2年に1度契約更新を迎えます。

更新料は基本的に一部のエリアや物件を除き、殆ど設定されているケースが多く、更新の時期を迎えると「更新をするかしないか?」で、迷う方もいると思います。


契約時、更新料の支払いについて同意している場合は、更新料は支払わなければ契約を更新することができません

①住み続けるかどうかの線引きについて

基本的に「転勤」「住み替え」等といった理由がない限りは、契約更新をしてそのまま住み続けた方が、絶対にオトク。


現在入居している物件が管理会社が管理している物件の場合、違う物件に入居した場合、管理会社が同じだと、仲介手数料が無料となる所も多いのですが、それ以外の初期費用は通常通り発生します。


また、当然ながら引っ越し業者に引越しを依頼する場合には、引越費用分も加算されることから、更新料を支払いたくはないという理由で、仮に更新料が発生しない物件に住み替えをしても、損するだけとなります。



②更新料支払いについて、交渉することは可能なの?

更新料の交渉については、契約で支払うことを同意しているので、門前払いになります

賃貸物件に長期にご入居されている方の中には、契約更新をするのに、どうして更新料を支払わないといけないのか?と管理会社の担当もしくは、仲介担当者にご相談される方がいます。なかには「更新するのだから、更新料を無料にしてほしい」と交渉が入ることもたまにあります。


お客様のお気持ちは十二分に理解はできますが、交渉を仮に行っても「更新料減額・無料」になることはありません。ご契約時に「賃貸借契約書」に署名をして頂いていますが、約款の中に「更新料の支払いをする」ことについて「同意」をしている以上、これを覆すことができないからです。



③更新料無料物件について


賃貸物件に長期ご入居される方にとって、最初から更新料無料物件に入居された方がオトクとなると思われがちですが、ただ更新料無料物件の一部には、カラクリがあり「実質更新料が発生している」場合があるので注意が必要です。


1)更新料無料の代わりとして、毎月の家賃に更新料分の月割りが加算されている。

2)更新のタイミングで、突然家賃値上げを要求される。


某大手管理会社では、このような対応をしている所もあるので、実質的に更新料は発生するものと認識されたほうがいいと思います。ただし、中には本当に(純粋に)更新料が無料物件はありますが、このような物件は正直「不人気物件」の確率が高い場合が非常に多く、恐らく更新料無料にしなければ、成約することができない部屋である可能性があるので、注意が必要です。



更新料を無料にすることは難しい場合がありますが、契約をする前、敷金や礼金が設定されていた場合、こちらの方でしたら比較的交渉がしやすいので、もし敷金や礼金が設定されていた場合には、一度仲介担当者に相談されてみてはいかがですか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#更新料 #賃貸借契約

閲覧数:4回0件のコメント