賃貸の最大のメリット。



新型コロナウイルスの影響により、冬のボーナスの支給が減少もしくは見送りになった方は多く、特に一番懸念されていることは、ボーナスを住宅ローン返済に回している人たち。


住宅ローンをボーナス併用で返済することにより、月々の返済額を少なくする、もしくは支払い年数を短くすることにより、余計な利息を支払わないといった利点がありますが、今回の新型コロナウイルスの影響は、各方面に深刻な打撃を与えてしまいました。


ただこのような中でも安定的なのは、やはり賃貸物件。


賃貸物件は、戸建て住宅とは違い「家賃に利息」は付きませんので、毎月の家賃の支払いは一律となっているので、万が一収入が減少して今の物件での生活が難しくなった場合には、家賃が安い所に住み替えをすれば、通常通りの生活を送ることができます。


近年では住宅ローン減税+住宅ローン低金利の影響で、戸建て住宅に住替える方が非常に多くなってきていますが、たとえボーナス併用返済がない場合であっても、住居にかかる費用は、火災保険が来年も値上げする影響から、年々高くなっていきますので、賃貸に住んでいたころと比べると確実に住居費は高くなっていき、家計が厳しくなる恐れが出てきます。




住宅購入は、人生の中で最も高い買い物であり、安易な考えで戸建てを購入してしまうと、場合によってはマイホームを手放しても残債が残ってしまうことも考えられます。


住宅購入する際には、熟慮したうえで決断されることをおススメします。




閲覧数:1回0件のコメント