賃貸の気になる生活音。お部屋探しの時、ある部分を見るだけでも回避できます。


賃貸物件におけるクレームの中で、最も多いのは生活音が原因と思われる騒音。

騒音が気になってしまうと、日常生活にも支障が出てしまうので、出来ることならば騒音問題が発生しにくい賃貸物件を選びたいところ。



一般的には、築年数が古い物件ほど騒音トラブルが多く、逆に築年数が浅い物件や新築物件は「騒音トラブルが少ない」と言われていますが、これはあくまでも都市伝説にすぎません。


確かに最近施工された賃貸物件は、遮音性が高い物件となっていますが、生活音を消すことができるほどのものではありません。入居後生活音問題に悩まされることを回避するためには、お部屋探しの段階で「騒音トラブルになりそうな物件」には入居しないことが求められますが、実は騒音トラブルが発生する物件には「ある共通点」が多く、これを把握しているだけでも、お部屋探しの時とても有利になります。


目 次

1)ごみ置き場、共用廊下が汚い物件

2)家賃が安すぎる物件

3)鉄筋コンクリート賃貸

4)まとめ

1)ごみ置き場、共用廊下が汚い物件


ごみ置き場や共用廊下が客観的に見て「汚い」「汚れている」ような物件は、明らかに入居マナーが守られていない物件。見方を変えれば、入居者の質が悪いことを示唆していますので、生活音トラブルなどといった「様々な問題が発生」しやすい物件と言えますので、もしお部屋探しの際、物件訪問をした際には、ごみ置き場や共用廊下などはしっかりと確認したほうがいいです。


2)家賃が安すぎる物件


毎月支払う「家賃」は、出来ることならば安い方がいいに決まっていますよね。

ただ、家賃があまりにも安すぎる物件は要注意。

家賃が安すぎる物件は、外壁塗装などの工事をしていないことから、外観周りが古くなってきています。このような物件は「修繕をしない代わりに家賃を安くしている」場合が多く、家賃が安いということは、入居者の質も当然悪くなってしまうので、騒音トラブルが発生しやすくなります。


3)鉄筋コンクリート賃貸


鉄筋コンクリートで建てられた賃貸物件は、生活音が響きにくいと言われています。

確かに鉄筋コンクリート賃貸物件は、隣の部屋との壁の厚み(戸境壁)があるので、生活音は響かないと思っているお客様は非常に多いですが、ただ残念ですが入居者モラルが守られていなければ、生活音は響いてしまいます。


管理会社の担当者の話によると、鉄筋コンクリートで建てられた新築物件であっても、騒音トラブルは発生するとのことですので、生活音対策として鉄筋コンクリート物件に入居しても、あまり意味がありません。



4)まとめ


賃貸の生活音問題は、どのような物件でも起こりえるもの。

ただ、お部屋探しの際「家賃があまりにも安い物件」「掃除などが行き届いていない物件」には入居しなければ、生活音問題に巻き込まれるといったリスクは少なくなります。


また生活音問題が気になってしまう方は、お部屋探しの際仲介会社の担当者に「騒音クレーム件数が少ない物件」を紹介してもらうのも手です。ただ騒音クレーム件数が少ない物件を紹介してもらうためには、管理会社直営の仲介会社で探してもらわないと、わからない場合が多いので、その点だけは注意が必要です。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#生活音 #お部屋探し

4回の閲覧0件のコメント

物件住所

〒400-0053

​山梨県甲府市大里町2570

お気軽にお問い合わせ下さい

055-241-2218

お問合せの際、お客様情報を当物件を管理している管理会社にお伝えすることがあります。
​Amazonギフト券が必ずもらえる見学会ご参加の方は、専用フォームよりお申込み下さい。
  • Instagram
  • Twitte

© 2018 GRACE ROYAL ELEGANT ROOM  yamanashi