賃貸の洗濯バンから水漏れが発生し、漏水被害を出した場合、誰の責任になるの?


賃貸物件において、修繕が発生する場合には、その修繕の原因がどのような理由になるのかによって、支払者が異なります。


原則的に「経年劣化」によって発生した「設備不具合」等や「壁紙の日焼け」などは、貸主であるオーナーさん負担、一方「故意・過失」によって発生した「破損や汚損」に関しては、減価償却関係なく「借主」であるご入居者様負担となります。