top of page

賃貸の浴室換気扇が壊れた時、どこに相談したらいいの?



賃貸物件の浴室には「窓」が設置されていない場合が多いので、基本的に浴室換気は、浴室内に設置されてある換気扇で行いますが、ただ時間の経過と共に、どうしても故障しやすくなってしまいます。


浴室換気扇もそうですが、設備不良に陥ると、普段ではまず聞こえてこないような異常音を出すケースが多く、もし異常音などが確認できた場合には「交換のタイミング」に入っているものと思われます。


もし浴室換気扇に異常音が聞こえてきた場合、誰に相談をしたらいいのでしょうか?


1.管理会社に連絡

浴室換気扇が異常な音を出していた場合、恐らく部品の一部が劣化したことにより発生しているものと思われますので、もしこのような現象が出てきた場合には、すぐに管理会社に連絡・相談をして下さい。


通常使用範囲内における設備不良に関しては、修繕費用や交換費用は全てオーナーさんが持ちますので、日程調整をして頂ければ、担当者が換気扇を交換しに伺います。


2.浴室換気扇は24時間つけっぱなしが原則

賃貸物件の退去費用の中で、善管注意義務違反としてお客様負担となってしまうケースで多いのが、浴室換気扇をつけなかったことによる、浴室内及び洗面脱衣所内のカビと壁紙浮き症状。


先程をお伝えさせてもらいましたが、殆どの賃貸物件においては、浴室内に窓がないので、換気をする場合には「浴室換気扇」しかありません。換気扇を常時つけっぱなしにすることにより、浴室内湿気を取り除くことができますが、ただお客様によっては「浴室換気扇をつけっぱなしにすると電気代がかかるから付けない」人もいますが、これをやってしまうと、が美の発生環境としては最高の状態となってしまうので、すぐにカビが生えてしまいます。


また浴室換気扇をつけずに、浴室ドアを開けて換気をしようと考える方もいますが、これをやっせしまうと、湿気が世洗面脱衣所内に充満しするので、壁紙にカビや「浮き」症状が出てしまい、放置したままでいると「善管注意義務違反」で退去時修繕費用を請求されてしまうので、浴室換気扇は絶対に消さないで下さい。

 

豆知識

浴室内には、コーキングという「ゴムパッキン」みたいなものが施工されていますが、換気が不徹底の場合、コーキングにカビが付着しやすくなります。市販のカビ取り剤ですぐに掃除をすればいいのですが、掃除を怠けていると、カビが取りにくくなってしまい、もし取れなければ、退去時コーキングの打ち直しをしなければなりません。

 

3.意外に簡単!浴室換気扇掃除 

浴室換気扇は、ご入居時に業者さんがきれいに掃除をしてくれますが、ただ長期間掃除をしなければ、当然ではありますが汚れてしまい、換気能力が弱くなってしまうこともあり得ます。


ですので、定期的に掃除をすることをおススメしますが、賃貸の浴室換気扇の掃除は意外に簡単にできてしまい、ご家庭にある中性洗剤で簡単に汚れを取ることができますので、ぜひ一度実践されてみてはいかがですか?




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#浴室換気扇 #修繕費用 #賃貸

閲覧数:1,655回0件のコメント
bottom of page