賃貸の狭いキッチンを劇的に変えた当物件のカフェ風キッチン。


こんにちは。


賃貸に入居されている方の中で、今お使いのキッチンが「使いやすい」と自信を持って手をあげる方…。。はっきり言ってほとんどいないはずです。

賃貸に備えづけられているキッチンは、戸建てとは違って、限られたスペース(LDK)に設置しないといけないので、戸建てなどに備えづけられているキッチンと比べると、どうしても小さめのものになってしまいます。


そのため、特に食材などを切る時に活用する「調理スペース」が犠牲になってしまい、幅が狭めになってしまいます。


これは築年数が経過した物件にだけ発生する問題ではなく、新築物件に備えづけられているキッチンにも同じことがいえるので、調理スペースを確保するため、皆さん様々な工夫をしているのが現状。


市販化されているキッチンカウンターを購入したり、シンクの上を覆いかぶさる位のまな板を購入することで、何とか調理スペースを確保することができますが、ただこれらをした所で、作業効率が向上するかというと、残念ながらあまり期待できないのが現実。


そこでグレイスロイヤルでは、2018年より、賃貸のキッチンをより使いやすくするため、大規模なリノベーションに着手し、その結果今までの賃貸には「前例」がない「調理台」と「収納」を兼ね備えた特殊なキャビネットを開発・導入しました。


調理スペースは従来のキッチンと比べると、約2倍の広さを確保したので、食材の下ごしらえをする時、イライラすることはもうありません。またキャビネットの下には、大容量の収納スペースを確保したので、特にかさばってしまう圧力鍋などの大きな調理器具を収納する時は、とっても便利。

壁付けキッチンの最大のメリットはLDKを広く使うことができる

当物件のキッチンは、以前に使用していた壁付けキッチンを再利用したものではありますが、壁付けキッチンの場合、対面キッチンとは違ってキッチンスペースが最小限となるので、LDKを広く使えることができ、また換気の面からも壁付けキッチンの方が優れているので、賃貸物件に限って言えば、絶対的に壁付けキッチンの方が優れていると言っても過言ではありません。



また一部の部屋のキッチンには、おしゃれなペンダントライトが設置されていますので、まるでカフェのお店にいるような、居心地がいい空間になっています。


一度お部屋見学に来られれば、調理台が広いキャビネットに驚かれるはず!

見学は随時受け付けていますので、お気軽にお申し込みください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#調理台 #キッチン #使いにくい