賃貸の真っ白な壁紙はダサい?それならもっと真っ白な漆喰の壁ならいかがですか?


賃貸物件の部屋と聞くと、真っ白な壁紙が貼ってあるイメージが強いですが、どうして賃貸物件のお部屋には、真っ白な壁紙が貼られているか、ご存知でしょうか?

壁紙の色を白にしている最大の理由は、ズバリ!

どのような家具や設備(色)を導入しても、白ならば部屋とのバランスが取れやすいからです。


ただどの部屋も白の壁紙を使用していると、室内空間がつまらなくなってしまったり、画一的な空間になってしまいがちになりますので、近年ではアクセントクロスと呼ばれるおしゃれな壁紙を室内の一面に貼ってある物件が増えてきていますが、ただアクセントクロスの色に関しても、好みが分かれる以上、人によってはその色が受け入れられない恐れがあります。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、おしゃれな部屋で暮らして頂きたいと考え、上級グレードのお部屋には、自然素材の漆喰を天井を除く各部屋の壁(トイレ・洗面脱衣所は除く)に施工しています。


漆喰を塗ることにより、自然光を反射させる効果が期待できるので、皆さんが思っている以上に室内空間が明るくなります。


また当物件のリノベーション部屋では、おしゃれなナチュラルキッチンが標準装備かになっているので、白の漆喰がおしゃれなキッチンの魅力をさらに高めてくれるので、居心地のいい空間に生まれ変わります。



漆喰は、職人さんが丁寧に手作業で塗っていますので、多少ムラは出てしまいますが、ただ手作業によって塗ることにより、壁全体が優しい味わいを出してくれるので、まるでおしゃれなカフェのお店にいるみたいな雰囲気を味わえるはずです。


当物件においては、今後空き部屋をリノベーションする際には、できる限り漆喰を導入して、おしゃれ空間をいつまでも味わっていただきたいと考えていますので、お楽しみに!



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#漆喰 #山梨賃貸おしゃれ #山梨賃貸リノベーション #グレイスロイヤル 

#リノベーション


43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示