賃貸の管理費は何に使われているの?


こんにちは。


賃貸物件に入居する際、毎月支払う家賃の他に、管理費(共益費と呼ぶ場合もあります)や駐車場代などといった諸費用が発生しますよね?

駐車場代や自治会費などの費用については、その使い道が明確でわかりやすいのですが、管理費については、なんとなくわかるものの、いまいちわかりにくいと思っている方は、結構多いはずです。


管理費の使い道についてですが、一般的には下記に充てられる場合が多いです。

●共用廊下の電気代、清掃代、蛍光灯交換費用

●ごみ置き場の清掃、管理

●年2回行われる消防点検費用代

上記に関しては、ご入居者様が費用を出し合って、維持していくものという認識となっていますので、家賃とは完全別個の費用となっています。


気になる管理費の費用についてですが、山梨県の賃貸アパートの場合、おおむね家賃3%(金額に換算すると3000円が多い)が相場となっていますが、ただインターネット無料物件の場合、新築物件の場合は、管理費が高めとなっているところが多いです。




お部屋探しをされている時、どうしても家賃ばかり気になってしまう所ではありますが、管理費が設定しているのにもかかわらず、共用廊下やごみ置き場がどう見ても汚い・汚れている物件が、たまに散見されますが、このような物件は明らかに、清掃活動を放棄しています。


大手管理会社の管理物件では、会社ごとで異なるものの、共用部清掃及びごみ置き場の掃除は、多い所で週に1回、少ない所でも月に1回は必ず掃除が入ります。


もしお部屋探しをされている時に、あまりにも掃除がされていないと感じた場合、担当者に掃除の回数などを確認したほうがいいです。


もし、掃除をしているのにあまりにも共用廊下やごみ置き場が汚い場合

●清掃業者の掃除の質に問題がある

●入居者マナーが悪い


上記どちらかが該当してきますので、ケースバイケースではありますが、このような物件には入居しない方が得策かもしれません。



お部屋探しの際、参考になれば幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#管理費 #清掃