賃貸の築年数。耐震性は大丈夫なの?


こんにちは。


賃貸物件を探される時、ひとつの判断基準として考えるのが「築年数」


「新築」「築浅」「築古」といった言葉を一度は聞かれたとは思いますが、これらは全て築年数のことを指し、新築は建物が完成してから1年未満の物件、築浅物件とは築1年~業界的には築20年未満、築古物件は築20年以上経過した物件のことを言います。

(※築浅/築古に関しては、法的定義などはありません)



築年数古いというだけで、耐震性に問題があるとは限りません

新築物件や築年数が浅い物件は、基本的に耐震性はしっかりしている。一方築年数が古い物件は、イメージ的に耐震性に問題があるのではといった考えを持たれてしまいがちです。


一般の方がこのようなイメージを持ってしまう背景には、賃貸物件の構造上における法的耐用年数があるからと言われています。

木造物件:22年

軽量鉄骨物件(金属の厚みが3~4mm):27年

鉄筋コンクリート物件:47年




耐震性を気にするのであれば、建物メンテナンスがされているかどうかかが問題

耐震性で一番重要視しなければならないのは、築年数ではなく、

メンテナンス


建物は常日頃から紫外線や雨風にさらされているので、年数が経過していくと、確実に劣化してしまいます。

そのことから、10年に一度の割合で「外壁塗装」「外壁パネルをつける役割をもつコーキングの打ち直し」をしっかりと行うことにより、構造躯体をしっかりと守り、耐震性が弱くなることを防ぐことができます。



ただし、外壁塗装やコーキングの打ち直しは、建物の広さにもよりますが、数百万~数千万単位のお金が発生し、この費用は全額オーナーさんが支払うことから、お金がないという理由から、外壁修繕を行わない物件もあります。






外壁修繕を行わないと、外壁の劣化スピードが増して、外壁やコーキングにひびが発生し、そこに雨などが降れば当然雨水が侵入してしまい、構造躯体や基礎部分に水がついてしまい、そこから劣化が始まってしまいます。


この時点でしっかりと修繕を行えば、被害を最小限になるものの、この状態を無視すればヒビはどんどん大きくなるので、雨水が簡単に侵入してしまい、構造躯体などに深刻なダメージを与えてしまいます。


もしこのような状態で「震度7」クラスの巨大地震が発生した場合、最悪建物が倒壊してしまう可能性が高くなるか、倒壊は免れても半壊してしまう可能性が非常に高くなります。




甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年に建てられた築古物件ではありますが、4年前に外壁塗装工事を実施済みなので、築年数だけは古いのですが、見た目は新築と殆ど変わりません。


当物件のように、築年数が経過していても、しっかりと外壁塗装を実施している物件もあり、しっかりとメンテナンスがされていれば、建物寿命を延ばすことや耐震性の弱体化を防ぐことは可能です。



お部屋探しの際、築年数だけで物件評価をしないでくださいネ!




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#耐震性 #築年数