賃貸の築年数は防音性に関係があるのか?


こんにちは。


賃貸物件はひとつの建物に、複数の部屋があることから、上下階・隣の部屋からの生活音がどうしても発生してしまいます。

賃貸に住む方は、この点をある意味理解をされたうえで、入居されているとは思いますが、ただ音に関する人の認識は、十人十色。

自分では気を付けていたとしても、人によっては限界を超えてしまい、騒音ととらえて管理会社にクレームを言う方もいます。



築年数と防音性には因果関係は特にありません。

入居後の騒音トラブルを発生させない/トラブルに巻き込まれないようにと、お部屋探しをされている方の中には、「構造」「築年数」から物件を探す方もいると思われますが…


確かに、近年施工された賃貸物件は、騒音(生活音)トラブルを引き起こさないように、建築時に遮音性に優れた部材を使用しているものの、生活音を完全になくすことは皆無と言っても過言ではありません。


遮音性に優れている鉄筋コンクリート増の賃貸物件でさえ、モラルを守らなければ、新築物件であったとしても、生活音はお隣/階下の部屋に響いてしまい、トラブルを引き起こしてしまいます。


つまり、防音問題に関しては、築年数が浅い/古い関係なく、ある程度の生活音はどうしても発生してしまうものと考えた方がいいのかもしれません。

ただ、そうはいってもできれば生活音があまり気にしない部屋に住みたいと考えるのは、誰もが思う所。


仲介担当者は物件の細部に至るまであらゆる情報を把握しています。

もし、生活音があまり気にならない生活を送りたいと考えている方は、仲介会社に「トラブルが発生しにくい物件」を紹介してもらった方がいいと思います。


仲介会社の担当者は、お客様に快適な賃貸生活を送っていただきたいと思っている人ばかり。同じ金額の部屋が複数あったとしても、「トラブルが発生しやすい部屋」「トラブルが発生しにくい部屋」に関しては「ポータルサイト」上では決して掲載されてはいませんし、お客様から直接お問合せがない限り、お客様が指定する部屋のみをご紹介するだけとなってしまいます。


新築=防音性に優れている(生活音ゼロ)とは決して言えない以上、防音性というより、生活音トラブルが発生しにくい物件に入居した方が、初期費用や毎月の家賃が節約できますので、得策と言えそうです。


もし、現在お部屋探しをされている方の中で、生活音が気になってしまうとお考えの方は、仲介担当者に「トラブルが発生しにくい」部屋を探してもらってみてはいかがですか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#防音性 #築年数 #生活音 #賃貸