賃貸の設備を破損させた場合、連絡先は管理会社のみ。


いつもグレイスロイヤルHPをご覧いただきまして、ありがとうございます。


最近ですが、賃貸物件にご入居されている方で、お客様の不注意によって、設備を破損させてしまい、本来ならば「管理会社」に連絡・対応をとってもらわなければならない所、お客様ご自身で、修理業者を探して修理を行わせたところ、通常では考えられないような高額な請求をされてしまったという事例が、民放テレビ特集で取り上げられていました。

(トイレのつまりを業者に依頼した所、約30万請求されたとのことですが、本当の金額は3万円程度との事)




賃貸物件にある設備の所有権は、オーナーにあります。

オーナーは管理会社に管理を委託している以上、賃貸物件に関わる全ての相談窓口は、管理会社となっていますので、万が一お客様の故意により、設備を破損してしまった場合には、すぐに管理会社まで報告して頂き、破損させてしまった部分に関しては、早急に対応しなければならないこともあるので、必ず管理会社までお申し出ください。



#設備トラブル