賃貸の違約金、支払わなくてはいけないの?


こんにちは。


賃貸物件を借りようとする場合、借り手側から見れば「できる限り初期費用が安い」方がいいに決まっていますよね?

最近の賃貸市場は「借り手側」に有利な状況となっていますので、貸し手側の管理会社では、できる限りお客様よりなサービスを展開すべく「フリーレント」と呼ばれる「家賃無料期間」を設定している物件が、最近では多くなってきました。


フリーレントが設定してあると、フリーレント期間中は「家賃支払い」がなくなりますので、経済的にもとても楽になると思いますが…


ただフリーレント付き賃貸を借りる場合、1点だけ注意が必要です。

それは、管理会社が指定する期間内前に退去をせざるを得なくなってしまった場合、違約金を支払うことを契約時に納得(約束)してもらうこと。

フリーレントはお客様にとってはものすごくラッキーなことである反面、管理会社的にはフリーレント期間中家賃は全く入ってこないので、デメリットになってしまいますが、ある一定の規定を作っておかないと、考え様ではフリーレント終了後に退去をしてしまうことも可能になってしまいます。


そこで、管理会社などではおおむね「契約日」から1年(2年)未満でご退去された場合「違約金」を設定しています。


また、違約金の金額は家賃1か月程度(高くても2か月)となっています。


2年以上ご入居される方に関しては、フリーレント付き賃貸はとってもお得になりますが、短期間で転勤する方に関しては、場合によっては違約金を支払わないといけないケースが出てくると思いますので、フリーレント付き賃貸を借りられる場合には注意が必要です。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#フリーレント #違約金