賃貸の騒音問題解決をするためには?


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


賃貸物件における「クレーム」は多種多様ありますが、その中でもダントツとして多いのが「騒音」に関するクレームです。



「音」に関しては、人それぞれ認識の違いがありますので、人によっては「許容範囲」もしくは「完全にアウト!」という方もいますので、例えば今まで同じような音を出していたとしても、昨日までは許容範囲だったものが、階下の部屋に新しい方が入居したら、その音はアウトというのが、不動産賃貸業界の中では常識化しています。



お子さんがいるご家庭が、賃貸物件を探される時『生活音が響きにくい「鉄筋コンクリート賃貸」』を探されると思います。確かに木造建築と軽量鉄骨の賃貸物件と比べると、生活音の響く音は前者と比べると、軽減されるはずですが…


ただ、たとえ鉄筋コンクリート賃貸物件であったとしても、モラルが守らなければ生活音は階下・左右のお部屋にまで響いてしまい、クレームに発展する恐れが十二分にあります。



たまたま先日ネットニュースを読んでいたら、上記を裏付ける記事が記載されてあったので、取り上げてさせてもらいます。


ママスタセレクト HPによると、記事を書いたライターさんが以前入居していた「分譲マンション」では生活音に関するトラブルが尽きなかったとのことです。


騒音の原因がどこなのか、調べていくと…

入居者のお子さん、一部の入居者のモラルがしっかりと守られていないことが、わかったとのこと。



騒音問題を少なくするためには、質の高い管理をすることです。

騒音問題は絶対に0にすることはできませんが、0に近づけることは可能となります。

ではどうしたら、騒音問題の発生を減らすことが出来るのか?


それは、「質」の高い管理をすることです。


賃貸物件の場合、多くの物件が「管理会社」に管理を委託しているケースがありますが、騒音問題が発生した場合、管理会社の担当者がどのように対応するかで、解決の速さがまるっきり異なってきます。



また騒音問題を少なくする対策としては、

家賃を簡単に値下げをしていない物件を選ぶことです。


これはすでにデーター化されているものですが、家賃が年々値下がりしているような物件では、騒音に関するクレーム件数が多くなりますが、逆に家賃を値下げしない物件では、騒音問題を含むクレーム件数は、圧倒的に少ないです。




グレイスロイヤルは、築26年目を迎える賃貸物件ですが…

管理会社に管理をすべて丸投げをせず、オーナーも管理業務の一部をしていて、またおしゃれなリノベーション部屋を作ることにより、家賃の値下げなどは一切行ってはいません。

ですので、騒音に関するクレーム件は、管理会社物件の中でもとても少ない方とのことですので、安心してください!


お部屋探しの際、参考にしていたれば、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル