賃貸の6帖和室部屋が、ここまでオシャレになります。


おはようございます。

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


ライフスタイルの変化、また退去時に「畳の表替え」「ふすまの交換」費用が必然的に発生することから、近年ではファミリータイプ物件(2LDK以上のお部屋)では、和室部屋はすっかり姿を見せなくなり、洋室に一本化になっています。



昔は当たり前のようにあった賃貸の和室部屋。

ただ、賃貸物件における和室部屋は、賃貸業界全体の悩みでもある「階下の音漏れ」を防いでくれたり、畳そのものがクッションの役割をしてくれるので、小さなお子さんが遊んで転んでも、けがをする可能性は、フローリングのお部屋と比べると圧倒的に少なくなります。



賃貸に和室部屋があるのは、比較的築年数が古い賃貸物件に多いのですが、集客強化のため、和室部屋を洋室にリノベーションをする賃貸物件が、圧倒的に多くなりました。

しかし、和室部屋を洋室に変更しても和室感(押し入れの木枠)はどうしても残ってしまい、違和感を感じえません。



そこで、グレイスロイヤルでは和室部屋を、現在お部屋を探されている和解世代の方にも簡単に受け入れやすく、また退去時に費用が掛からないよう、おしゃれな和室部屋を作ろうと決意をし、2017年夏の空き部屋工事から順次行ったところ、お客様から高い評価をいただきました。



先週リノベーション工事が終了したばかりのS202号室の和室

グレイスロイヤルの和室部屋大改造をするために、着目したのが「琉球畳」

普通の畳は「縁」があるのですが、縁があるとどうしても「固い」イメージになってしまうので、縁がない琉球畳を置くことにしました。


琉球畳に変更しただけで、和室部屋全体が、おしゃれ&モダン的な雰囲気になりますよね!

また畳の「目の向き」を交互に置くことにより、市松模様がとてもきれいに見えます。


琉球畳の色は、様々な色があるのですが、琉球畳を置いた和室部屋はすべて「ベージュ色」に統一しています。


ベージュ色にしたのにはワケがあり、「色における心理学的」にはベージュ色には『筋肉の緊張を解きほぐして、心をいやす効果がある』と言われているので、琉球畳がある和室部屋で生活をすることは、まるで癒しサロン的な部屋が標準装備されているのといっても過言ではありません。




和室部屋の畳を琉球畳にすると、昼と夜とではイメージが全く違い、夜になるともっと落ち着いた和モダン空間に変身します。


S202号室、夜の和室部屋。

もはや賃貸にある和室部屋のレベルではありませんよね?

まるで高級旅館にいるような、おしゃれな和室部屋といっても過言ではありません。

琉球畳を敷いている賃貸物件は、山梨県ではほとんどないので、お友達やご両親が泊まりに来た時、客間としても十分活用でき、100%の確率で「おしゃれ」と言っていただけると思いますよ!




和室部屋はどうしても「ダサい」「古臭い」といったイメージが先行してしまいますが、しかし琉球畳にすることで、おしゃれな和室部屋に大変身します。


少しでも和室部屋がいいと思ってくれる方が増えれば、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト

#漆喰 #仲介手数料無料