賃貸を探す時、ガス料金には気を付けて!


こんにちは。


賃貸物件に備えづけられているガスは、都市ガスよりプロパンガスの方が圧倒的に多いですが、実はプロパンガスはガス会社が自由に価格を決めることができるので、料金が一律ではありません。



家庭内でガスの使用量が最も多いのは、実はお風呂の追い炊き。

これから夏に向けては、お風呂の設定温度は低めになるので、ガスの消費量はそれほど多くないものの、冬場はどうしてもお風呂の設定温度を高くしないと、体が温まりませんので、必然的にガスの使用量が増えてしまいます。


ガス料金は…

・契約した時点で、ガスを使用するしないに関わらず必ず支払う「基本料金」

・ガスを実際に使用した分を支払う「従量料金」

の合計額となりますが、特に問題なのが従量料金。


これはガス単価に、使用した分をかけたものが従量料金となりますが、ガス料金が高くなる理由は、プロパンガス会社が自由に決めているガス単価が、ものすごい高く設定されていて、実はこの情報は入居時お客様から問い合わせない限り、担当者は決して教えてくれません。


知らず知らずのうちに入居して、ガス料金が高額になってしまったら、後悔してしまいますよね。またガス料金に関して、お客様の方でガス会社に交渉をして少しでも単価を下げてもらうようにお願いしたい所ですが、残念ながらお客様の方でガス料金値下げ交渉をすることは一切できません。


交渉権限があるのは、基本的に物件を所有しているオーナーとなりますが、殆どのオーナーさんは管理会社にまかせっきりなので、このようなことはしない事の方が多いのですが、当物件では実は、4年前にガス単価を100円値下げを行いました。


ガス会社さんとの約束で、詳細な金額はお伝えすることができないのですが、ただ担当者の話によれば、当物件のガス料金は地域最安値と言っても過言ではないぐらい、ものすごくお得になっているとのことです。


お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#ガス料金