賃貸アパートの入浴時間。場合によってはクレームになるかも?


賃貸アパートは、ひとつの建物の中に複数のお部屋があることから、生活音はどうしても発生しがちになります。


特に深夜帯は「夜勤」以外の方は、基本的にお休みになられていることから、些細な音でも意外と響いてしまい、場合によってはクレームに発展することもあります。


その代表例が「入浴時間」

お風呂にしっかり入ることにより、疲労回復効果が期待できるので、ゆっくりと湯船につかりたい所ではありますが、排水用の配管が各部屋の室内に設置されていることから、特に上階からの排水音は日中の時間帯はそれほど気にならないのですが、深夜帯は基本的にお休みになられていることが多いので、少しの音でも意外に響いてしまうことが多く、特に音に敏感の方にとっては「苦痛」となってしまうので、一概には言えませんが、深夜帯~明け方は入浴を避けた方が無難です。


これに付随することですが、ドアの開閉音やドライヤー音に関しても、同様のことが言えるので、深夜帯に使用する際には、できる限り生活音を配慮した使い方をして頂けると、クレームにはつながりにくくなります。


賃貸物件入浴に関するポイント!

①入浴時間はできる限り「深夜帯~明け方」は避ける

②お風呂の排水は日中の時間帯に行う

③上階にお住まいの方は、特に注意

④ドアの開閉音やドライヤー音にも配慮する


よく「木造賃貸や軽量鉄骨賃貸」は生活音が響きやすいと言われていますが、管理会社からの報告によると、鉄筋コンクリート賃貸であっても、普通に生活音トラブルは発生しているとのことですので、生活音に関わるトラブルは、どの賃貸構造でも起こりえるもの。


入居モラルを守って頂ければ、多少の生活音が発生しても「お互いさま」の意識が生まれるので、最低限のモラルはぜひ守って頂ければと思います。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#入浴時間 #生活音 #クレーム

0回の閲覧0件のコメント