賃貸アパートの寒さ対策に。雨戸シャッターが標準装備されているグレイスロイヤル。


こんにちは。


いよいよ本格的な冬の季節となってしまい、早朝の時間帯は、最低気温がひとケタになることも珍しくはありませんよね。


寒さが厳しくなると、いよいよ暖房器具を使用しなければならなくなりますが、ただ暖房器具を使っても、中々室内が温まらなくて、暖房費用がもったいないと感じている方も多いのではないでしょうか?

特に窓から侵入してくる冷気に関して、どのくらい遮断ができるかどうかで、室内が快適に過ごせられるかどうかのボーダーラインといえそうです。(YKKAP HPによると、冬における室内の熱について、窓からの出入りは全体の58%であるとのことです)


冷気を遮断させるためには、一般的にはカーテンを使うことはもちろんですが、冷気を室内に侵入させないために「冷気遮断シート」を窓に貼る方法もありますが、ただ冷気遮断シートは「冬」の期間しか使わないため、春ごろになった時には外さないといけないので、面倒な作業とも言えますよね。


こんなことをしなくても、甲府市大里町にあるグレイスロイヤルならば、出窓を除くすべての窓に「雨戸シャッター」が標準装備になっているので、雨戸シャッター+カーテンを用いることで冷気を窓に流出させることを予防してくれるので、暖房費が無駄になることはありません。



冬の季節では、特に早朝の時間、賃貸に備えづけられているエアコンの暖房スイッチを押しても、中々部屋が暖まらなくて困る方は多いと思いますが、グレイスロイヤルでは全室にすぐに室内を暖めてくれるガスファンヒーターが、LDKに標準装備になっています。


冬の暖房器具というと、石油ファンヒーターが定着されていますが、ただ灯油は毎回買い出しに行かなければならず、灯油のストックが切れてしまい、石油ファンヒーターが使えなくなってしまうこともありえてしまいますが、その点ガスファンヒーターは、ガスが切れてしまうことはまずありえませんし、石油ファンヒーターと同じく、スイッチを付けたら数秒ですぐに暖かい風が出てくるので、寒い朝でも快適に過ごすことができます。



また、気になるガス代ですが、実はグレイスロイヤルのガス料金は、地域でも最安値といってもいいぐらい安い料金設定となっているので、ガス料金が飛び跳ねて高くなるようなことはまずないと言ってもいいと思います。



冬は朝晩の冷え込みがとても強く、暖房器具を使用しなければ生活することが難しいのですが、グレイスロイヤルならば、暖気が外に流出することを予防してくれる「雨戸シャッター」が標準装備になっているので、シャッター+カーテンを上手に使うことで、快適な生活を送れることができます。



お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#暖房器具 #寒さ対策


5回の閲覧0件のコメント