賃貸アパートの排水溝や配管が詰まってしまうと、場合によっては、借主に修理費用が請求されてしまいます。


賃貸アパートで排水溝が詰まってしまうという、ショッキングなことが起りえるのかというと、結論から言えば「起こりえます」


日常生活上、水は必ず使用しますよね?

例えばキッチンで洗い物をしたり、お風呂に入ったり、トイレを使用する時には「水」がなければ利用することができません。使用済みの水に関しては必ず「排水溝」を通過しますが、その過程で詰まるということは「原因」が必ずあり、もしその原因が「劣化によるもんか」「故意によるものか」によって、修繕費用の負担が大きく異なります。


1.オーナー負担となるケースとは?

賃貸借契約書において、賃貸物件に関する「修繕」の負担に関しては、明確な基準が設けられています。設備故障などの原因が「経年劣化」の場合には「貸主」であるオーナーさんが、故意による破損や汚損の場合は「借主」であるお客様が負担することになっていて、もし入居時に「敷金」が設定されている場合には、敷金から相殺されます。


では、今回のケースにおいてオーナー負担となる場合とは、どのようなことが考えられるのかというと、排水溝などの配管は「定期的なメンテナンス」が必要であり、家庭内においてお皿やフライパンに付着してしまった「油汚れ」は、多少なりともお皿などについてしまうことから、どうしても配管内が詰まりやすくなってしまうので、定期的なメンテナンスは必要となってしまいます。


もし排水溝や配管などが詰まってしまい、その原因が「特定できない」「メンテナンス不足」ならばこれは経年劣化によるものと判断され、修理費用はオーナーさんが持つことになります。



2.入居者様負担となる場合とは?

一方、入居者様負担となってしまう場合は、入居者様が「故意」に詰まらせてしまった場合。

入居者様責任となってしまう「詰まりの原因」としてよくあるのが、キッチンに使用済み油をそのまま廃棄した場合と、トイレ内にモノを落としてしまった場合の2点。


油をキッチンに流してしまうと、排水管内に「油が付着」してしまって、その後冷えて固まってしまいます。そこに潜在カスなどが付着してしまうと、排水管をふさいでしまい、このような状況が続くと、排水ができなくなってしまい、逆流してしまう原因になります。


もし排水溝や配管が詰まってしまった場合、オーナーさんは業者さんを手配して「配管洗浄」を行いますが、ただその時「どの部屋で詰まっているのか?」特定することになるので、もしお客様が「故意に油を流していた」ことが証明できた場合には、修繕費用は全額お客様が支払っていただく事になります。


トイレのつまりに関しては、原則として「詰まる原因」は、大量のトイレットペーパーを流してしまったか、物を落としてしまったかのどちらかとなります。これは経年劣化ではなく、明らかにお客様責任となってしまいますので、修繕費用はお客様の方で支払っていただく事になります。



3.もし詰まってしまったら、即管理会社に連絡

もし、配管などが詰まってしまった場合には、すぐに管理会社に連絡してください。

管理会社の営業時間外(深夜帯及び土休日)に関しては、24時間借りサポートに入っている場合には、コールセンターに至急連絡してもらえれば、担当者がすぐに駆け付けて対応してくれます。


配管が詰まってしまうと、他のお客様のご迷惑になってしまいますので、予防対策として「油脂がついた食器類やお皿」に関しては、出来れば新聞紙などで油脂をとったうえで、洗っていただくと排水管や排水溝のつまりを予防することができます。



1回の閲覧0件のコメント