賃貸アパートの騒音問題について。

最終更新: 2019年2月9日


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



さて、今日のブログは、賃貸物件に御入居されている方でしたら一度は、御経験があるかもしれませんが「騒音問題」について、お話ししたいと思います。



騒音問題は多種多様

集合住宅に御入居されている方でしたら、誰もが一度は御経験があるのではと思います。壁を挟んで隣には、別の方がご入居されていますので、どうしても生活音が壁を伝わって隣に行ってしまいます。


以前、グレイスロイヤルでは管理が社の社員数人に協力して頂き、生活音の実験を行いました。たまたま同じ棟の上下階が空室だったので、大人二人が部屋を走り回った場合、下の階には、どのような振動が伝わるのか、試してみたと同時に、スマートフォンの「騒音計」アプリを使って、どのくらいの騒音が発生しているのか調べてみました。


結果は、上下階の走り回る音以上に、柱からの振動の方がすごく気になったこと、また騒音については意外に40㏈前後という騒音としては軽度的な結果になりました。しかし、数値的には低くても、実際に経験すると嫌悪感の方が強くなったというのが正直な気持ちです。



では、話を元に戻します。

では、グレイスロイヤルでは騒音問題についてどのように取り組んでいるのかについてお話ししたいと思います。


まず、建物の構造についてお話しさせていただくと、グレイスロイヤルの上下階の間には、遮音性に富んだALCコンクリートが入っています。ALCコンクリートは音の反射が大きく、音を通しにくいのが特徴で、これにより上下階の音の問題を軽減してくれますが、ただ、あまりにも走り回ってしまえば、先ほどの例のように、下の階の方にご迷惑をおかけすることになります。


次に、騒音問題が発生した場合、基本的に管理会社の担当社員が騒音を発生させていると思われる方の所に、御連絡をして(もちろん、誰が言ったのかについては言いません)改善して頂くようにお願いをしています。(グレイスロイヤルではここの時点でおおよそ解決ができます)



騒音問題は、お子様が走り回る以外にも、「洗濯機の音」「物件駐車場内での電話の声」「複数人がお部屋に遊びに来た際の声」など、自分たちはそれほど認識はしていないのに

「騒音問題になっていた」といったケースも最近では多くなってきました。


騒音問題を根本的に解決することは難しいのですが、モラルをしっかりと守れば、騒音問題も軽減できるのではないでしょうか?



ちなみにですが…

戸建て住宅でさえも、騒音はあります。理由はお隣さんからしっかり会話などが入ってきますから…


つまり、騒音問題は戸建てであっても賃貸であっても、0にすることは不可能です。ただ、不可能といってもお悩みの方がいるのも事実ですので、万が一騒音問題で悩んでいる方がいましたら、ご遠慮なく管理会社若しくはオーナーにお申し付けください。解決策を一緒に考えさせて頂きます。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #グレイスロイヤル #賃貸 #アパート

#デザイナーズ #リノベーション #インテリア #和室 #琉球畳

#キッチン #カフェ風 #騒音問題