賃貸アパートの1階と2階。どちらがいい?


賃貸アパートに住むとき、1階と2階どちらがいいと言われると、やはり2階と答える方の方が多いと思われますが、ただ1階のお部屋に入居する事で得られるメリットもあるのも事実。


そこで今日のブログは1階と2階のお部屋に住むことによってわかる「メリット」「デメリット」についてお話していきたいと思います。

目 次

1.1階に住むことについて

1-1 メリット

1-2 デメリット

2.2階に住むことについて

2-1 メリット

2-2 デメリット

3.まとめ


1.1階に住むことについて


1-1 メリット



1階の部屋にご入居する事に対するメリットとすると、移動がとてもラクになること。


特に内階段(メゾメット)がある賃貸物件では、来客などがあった場合、1階玄関まで歩いていかなければなりませんが、1階の場合はその分の移動がないので、歩くのはあまり好きではない方にとっては、とっても楽になりますし、特に小さなお子さんがいる場合、2階までの移動は、結構しんどいと思いますので、子育てをされている方にとっても、1階をあえて選ぶことは正解。


また一般的に、上階のお部屋と比べて1階のお部屋は「家賃が数千円」程度安くなっているので、家計的にもメリットがあると言えると思います。


1-2 デメリット


一方1階の部屋に住むことによるデメリットは…

●防犯性が低くなる

・1階は2階と比べて外からの侵入がしやすくなる。

●上階からの生活音が気になる

・上階にご入居されている方のモラルが守れないと、生活音が1階にまで響いてしまう。


1階の部屋のデメリットとして、防犯性の低さと生活音があげられますが、ただ1階のお部屋であっても「雨戸シャッター」を活用すれば、防犯抑止効果=侵入するまで時間がかかるので、もし1階に住む場合には雨戸シャッターなどがある物件を選べば大丈夫です。


また上階からの生活音に関しては、これはお部屋探しの段階で、仲介担当者に「騒音トラブルが多い物件かどうか?」を確認する必要があります。騒音トラブルを含むクレーム件数が少ない物件は、入居者の質がいい場合が多く、逆にクレームが多い物件は、入居者の質が悪い場合が殆どですので、入居後トラブルに巻き込まれる可能背が高くなります。



2.2階に住むことについて


2-1 メリット



2階の部屋に住むことによるメリットは、ズバリ生活がしやすいところ。


1階の部屋と比べて「日当たり」がいいことから、天気がいい時には「室外干し」をするにはピッタリ。また賃貸アパートの場合は2階が最上階となっていることが多いので、生活音の影響を受けにくいので、快適な生活を送ることができます。


また防犯面においても、2階の部屋は1階と比べて抑止効果が期待できる部分もメリットと言えそうです。



2-2 デメリット


2階の部屋に住むことによるデメリットとして、一番大きい問題は、やはり階下の部屋に気を使いながら生活をしなければならない事。

生活音はどうしても響いてしまうので、上階にお住いの場合は、ご自身である程度の対策(遮音スリッパ、カーペットの使用)をしなければなりません。


また家賃の部分においても、1階の部屋と比べると「数千円」程度高い場合がありますが、トータルで考えると2階の部屋が家賃が高くなってしまうのは、ある意味においては致し方がないことかもしれません。




3.まとめ


1階と2階のお部屋とも、それぞれメリット・デメリットがあるので、どちらがいいかと言われると、正直悩む部分がありますが、ただ移動するのが面倒な方や、これから子育てを考えている方は、1階にご入居されたほうがいい場合が多く、一方で室内の快適性を重視されている方は、2階にご入居されたほうがいいです。


お部屋探しの参考になれば幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#賃貸 #入居 


6回の閲覧0件のコメント

物件住所

〒400-0053

​山梨県甲府市大里町2570

お気軽にお問い合わせ下さい

055-241-2218

お問合せの際、お客様情報を当物件を管理している管理会社にお伝えすることがあります。
​Amazonギフト券が必ずもらえる見学会ご参加の方は、専用フォームよりお申込み下さい。
  • Instagram
  • Twitte

© 2018 GRACE ROYAL ELEGANT ROOM  yamanashi