賃貸ウォシュレット本体を交換したい。勝手に行っても大丈夫?


最近の賃貸物件では、ウォシュレットトイレ(温水洗浄便座)が標準装備になっています。


ウォッシュレットは「後付け」でも対応が可能なため、築年数が経過した物件においても、比較的導入されているケースがあり、逆に現在賃貸物件で、ウォッシュレットトイレに対応していない物件を見つけることの方が少ないのではないでしょうか?


賃貸においてウォシュレットは標準装備化になっています

ウォッシュレットトイレを一度経験すれば、ウォッシュレットなしでのトイレ生活は無理な方も多いと思いますが、ただ潔癖症な方にとっては、自分達で使用しているウォッシュレットを使いたいと思っているはず。


では、ウォッシュレット本体を自分達で交換することは、可能なのでしょうか?


交換すること自体は可能ですが、ただ後でもめないためにも、オーナーさんの許可をもらってから行った方がベストです。




室内に設置されている設備は、全てオーナーさんが所有しているもので、勝手に変えることは原則としてできません。

ただ退去時に「原状回復」に戻せられるのであれば、入居期間中「契約書で認められている範囲内」であれば、お客様がどのように使用しても、特段注意を受けることはありません。


ただし、退去時に原状回復に戻すことができなければ、その分の費用は請求されてしまいますので、注意が必要です。


ウォッシュレットはご自身でも取り付けようと思えば、設置可能ではありますが、ただもし取付ミスをしてしまい、水漏れなどの事故を起こしてしまうと修理費が高額になってしまう可能性があるので、専門業者さんに依頼されたほうが賢明です。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#ウォッシュレットトイレ

#賃貸

5回の閲覧0件のコメント