賃貸キッチンの収納不足を解消。山梨でおしゃれな賃貸アパート・グレイスロイヤルS205号室のおしゃれなキッチンカウンター。

最終更新: 11月13日


こんにちは。


賃貸物件に備えづけられているキッチンについて。

使い勝手の部分に関して、おそらく多くの方が「使いづらい」と感じているのでは?



賃貸のキッチンは、限られた空間の中に置かなければならない事から、戸建て用のキッチンと比べると、少々小さめとなっています。

ですので、どうしても収納や調理スペースの部分は、狭めとなってしまうことから、幅をとってしまう大き目の調理器具などを沢山収納することは難しく、換気扇フードのちょっとした隙間に、S字フックを取り付けて調理器具を置いてみたり、あるいは専用棚をご自身で用意して、設置する方も中にはいますよね。



ただ、キッチンはできれば調理器具などは表に出すことなく、すっきりとした感じにさせたいもの。



ご安心ください。



現在募集中のS205号室のキッチンは、今までのキッチン収納不足を見事なまでに解消してくれるおしゃれなキッチンカウンターが標準装備されています。

現在募集中のS205号室のキッチン

S205号室のキッチンは、もともと新築時から使用していたキッチンを、リメイクしたもの。キッチン扉を無垢材扉に、またキッチンパネルは新しいものに交換をし、換気扇フードは再塗装したものですが、リメイクしたことにより、賃貸でよくあるような画一的なキッチンから、まるでおしゃれなカフェのお店にあるような居心地がいいキッチンに生まれ変わりました。



キッチンリノベーションの際、調理・収納スペースの悩みを解決するため、調理台と収納スペースを兼ね備えた「可動式キッチンカウンター」を開発・導入していますが、キッチンカウンターは移動させることができることから、使い勝手がとてもよく、導入した部屋にご入居中の皆様からも、高い評価を頂いております。



気になるキッチンカウンターの収納についてですが…

▶上段は、引き戸タイプの収納が3つついています。主に小さめの調理器具や、スプーンや橋などの小物を収納する際、とても便利です。


▶下段は観音開きタイプの収納となっていて、棚が設置されていますが、棚は高さ調節することができ、また取り外して使うこともできるので、圧力鍋などの大き目の調理器具でも必ず首脳することができます。


▶棚を取り外すと、収納スペースが多くなりますので、使い勝手がよさそうですね。




またこちらのキッチンカウンターは可動式。

最近の賃貸では「対面キッチン」が主流となっていますが、対面キッチンを設置することで

「キッチンの幅が人によっては狭め」「LDk全体が狭くなる」「調理中のニオイがリビングに広がる」等といった不満が発生してしまいますが…


壁付けキッチンなのに、憧れの対面キッチンにもアレンジ可能

キッチンカウンターが移動できるので、お客様に合ったキッチン空間を作ることが可能となり、また料理をしない時には、カウンターをキッチン横に移動させれば、LDKを最大限活用ができ、調理のニオイに関しても、対面キッチンと比べると、ニオイがリビング内に広がる恐れは少なく、LDKの壁には消臭効果が期待できる「漆喰」を施工してあるので、今までのキッチンの悩みを全て解消してくれます。



おしゃれなカフェ風キッチン+収納・調理スペースを解消したお洒落なキッチンカウンター=女性にとって憧れのキッチンになっていますので、甲府市内でお部屋探しをされている方は、ぜひ一度当物件のお部屋見学に来てみませんか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#キッチン収納 #キッチン #キッチンカウンター