賃貸キッチンを劇的に変えたグレイスロイヤルのナチュラルキッチン。


賃貸物件に設置されているキッチンについて、使いやすいと感じている方は正直少ないのが現状です。


それもそのはず。賃貸物件の空間は「限られている」こともあり、戸建て住宅みたいな大き目のキッチンを設置することは難しいので、どうしてもキッチンそのものが小さめになってしまいます。


最近施工された新築物件であっても「調理スペース」はそれほど大きくないことから、水切りラックを置こうと思っても、正直場所がないので、結局は調理スペースに置かざるを得ない状態になってしまいます。



ご安心ください。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、2018年より空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、キッチンに関しては「機能性をよくする」ために、新たに「調理台を付けたキッチンカウンター」を設置しているので、水切りラックをキッチン本体にある調理スペースに置いたとしても、カウンター内に新たに調理スペースを確保しているので、使い勝手が格段に良くなっています。


リノベーション、ビフォーアフター
リノベーション、ビフォーアフター

キッチン本体に「水切りラック」を置くことができるので、使い勝手が格段に良くなっています。
キッチン本体に「水切りラック」を置くことができるので、使い勝手が格段に良くなっています。

キッチンカウンター上部にはステンレスが設置されているので、調理スペースとして使用することができます。
キッチンカウンター上部にはステンレスが設置されているので、調理スペースとして使用することができます。

リノベーション前のキッチンは、まな板一枚置いてしまうと、他の物を置くことができなかったので、調理スペースを確保するためには、シンクを覆うぐらいのまな板を購入しなければ、満足できる調理スペースを確保することができませんでした。


しかし、リノベーション後のキッチンは、新たにキッチンカウンターが設置されていて、上部は調理スペースとして活用することができ、さらにリノベーション前のキッチンと比べると「調理スペースは2倍」となっていることから、食材の下ごしらえなどをする時に、不便になることはありません。


お部屋探しの際、参考になれば幸いです。





閲覧数:0回0件のコメント