賃貸フローリングワックスが剥がれた。この場合、退去費用は発生するの?


賃貸物件では、退去される時に「原状回復」=借りる前の状態に戻さなくてはなりません。もし戻すことができない場合、その原因が誰にあるのかによって、負担割合が異なってきます。


一般的に、故意過失による「破損や汚損」の場合は『借主』、経年劣化による損耗などでは『貸主』、どのような理由かわからない場合には、減価償却で判断するのが一般的です。


賃貸物件では、入居前/リフォーム・リノベーション完成前に「室内クリーニング」を行い、フローリング部分は「ワックス掛け」を行いますので、室内がとてもきれいな状態となっています。